アニメレビュー,感想,評価ブログ

Ads by Google



この記事にイイね

鴉 -KARAS-

   

鴉 -KARAS-感想

Ads by Google


鴉 -KARAS-感想
鴉 -KARAS-
★★★☆☆
夜を忘れた街・新宿。 隣り合う妖怪の存在を忘れ、浮かれて暮らす人間たち。
古来より、からみ合うこのふたつの世界の秩序はゆりねと鴉によって守られてきたが、
ここにきてそのバランスは大きく乱れつつあった。
「街」の下僕であることをやめ、自らを廻向と名乗り始めた“鴉”。
新宿に舞い戻った流浪の妖怪“鵺”。
連続猟奇殺人の影に、廻向に生み出された妖怪の正体を見て取った“鵺”が
ライフルをかまえた時、もう一人の“ゆりね”と“鴉”が現れる。
せっかくの映像が脚本と声優のせいで台無しに。
タツノコプロの40周年を記念して製作されたOVAシリーズ。
40周年ということだけあって、非常に映像は美しく
3Dアニメの近いクォリティのアニメーションは見ていて爽快でした。
しかしながら、ストーリーがわかりにくい癖に薄い。
鴉というダークヒーロー的な存在に飽きてしまった奴が大ボスで、
それを倒そうとする新しい鴉という存在と言うような感じなのですが、
4話あたりまで同じ顔の人物が二人いたり、名前がわかりにくかったりして
ストーリーが全く頭に入ってきません。
更にそのわかりにくさを助長しているかのように、
主人公とヒロイン?の声優が素人過ぎる。
声優経験のない俳優のようですが、まるで棒のような演技で、
せっかく激しいアクションで叫ぶシーンでも、唸っているようにしか聞こえません。
他の声優さんがいいだけに、この二人の声は残念で仕方ありません。
ただ、その2つの汚点を覆い隠すかのように
素晴らしい映像のため見てしまう。
激しいアクション、金属の質感、血液、剣撃、銃撃tc….
このアクションの部分だけで言えば名作中の名作です。
簡単に例えるなら、押絵の絵師の腕とデザインが非常にいいのに、
肝心の小説の内容ダメなラノベのようです。
声優と脚本がもう少しマシなら名作になっただけに残念。
しかし、この映像とのギャップを考えると
「ほら!俺たちはこんなすごい映像を作れるんだぞ!すごいだろ!」というような
自慢のようにも見えてしまいます。
このせっかくの映像技術を別の何かに活かして欲しいと思わせてくれた作品です。

 

Ads by Google