アニメレビュー,感想,評価ブログ

Ads by Google



この記事にイイね

ケロロ 〜keroro〜」

, , , , , , , , , , ,

   

評価/★★☆☆☆(35点)

ケロロ 〜keroro〜 評価

全23話
監督/春日森春木

あらすじ

ケロロ!新たな地球(ペコポン)侵略作戦を開始!!今年、原作誕生15周年を迎えた「ケロロ軍曹」。フラッシュアニメーションとして新プロジェクトを始動。

ケロロは3分じゃ物足りない

本作品は「ケロロ軍曹」のFLASHアニメ版。
テレビアニメ自体は放送が終了しているが、
原作誕生15周年を記念し再アニメ化された
1話辺り3分ほどで全23話の作品、なお、キャストは変更されていない

見出して感じるのは懐かしさだろう。
テレビ放送が終了して4年、私個人としてはテレビアニメも
最初から中盤くらいしか見ていなかったので10年ぶりに見るような感覚だ
そんな人が多いからなのかどうかは分からないが、
ストーリーの進行は「リセット」されている

テレビ東京で放送されていたケロロ軍曹の続きではなく、
原作準拠で1話から作りなおされている。
そのため久しぶりに見る人や、ケロロ軍曹を見たことがない人でも
1話からすんなり「ケロロ軍曹」の世界観に入り込むことができ、
初見さんお断りの作品になっていないのは好感が持てるところだろう。
3期という扱いではなく「リメイク」に近いかもしれない

しかし、1話「3分」でOPもあるので実質2分半という尺では
「ケロロ軍曹」という作品を見たことのある人にとっては物足りない
テレビアニメでは「1話」で描かれていたことを細かい部分を削り
3話ほどに分けて描かれているような「細切れ」感覚が強く、
そのわりには1話1話のテンポが悪いため、ギャグの勢いが甘い

更にケロロ軍曹という作品を知っていれば知ってるほど
「あれ?このセリフ削られてる?」という感覚に何度もあってしまうだろう
尺が短いからこそ少ないキャラクター数とセリフで
ストーリーを進行してしまっているため、ガヤガヤ感が薄まってしまい
FLASHアニメという都合上、キャラクターの激しい動きもない

作中でもケロロが「2分半」ということネタにし自虐するなど
ケロロらしい面白さやセリフなども多いのだが、
尺が短いからこその「勢い」がなく、
もう少しネタを詰め込んでも良かったのでは?と感じる部分も多い

展開の早さも凄まじくキャラクターもどんどん追加されていく。
ある程度、ケロロ軍曹に対する知識があれば
キャラクターのことも理解しているため増えても問題ないが、
時系列をリセットし原作準拠に初めて初見さんでも問題ない作りになっていたのに
話が進めば進むほど初見さんにはやさしくない。

短い尺の中で大量のキャラクターも捌ききれておらず、
キャラクター同士の掛け合いの面白さも薄くなってしまっている
話によっては「笑いどころ」がない話もあり、
短編アニメだからこその面白さや、
短い尺を活かしたストーリー構成になりきれていない作品だった

全体的に見て「ケロロ軍曹」を無理矢理短編尺に抑えこんでしまった作品だ
せっかくのケロロのキャラクターたち、ギャグ、暴走感、
そういったものが「短編尺」の中で溢れかえらんばかりに抑えこまれており、
ケロロ軍曹という作品を好きならば楽しめるが、
同時に物足りなさも感じてしまう。

さらに言えば全23話で色々と投げっぱなしになってしまっている。
この点に関して言えば原作がまだ続いているから仕方ないとも言えるのだが
ギャグだけに徹していれば伏線やストーリーの続きなどが気にならないが、
中途半端に伏線や本筋のストーリーを入れてしまっているために
投げっぱなし感が強く出てしまっていた

すぐに2期があるかもしれないとレビューを控えまって居たのだが、
どうにも2期の情報がなくレビューする次第になってしまった
根強いファンが居る作品なだけにFLASH版も長く続くかもと思ったが、
色々と厳しかったようだ

  , , , , , , , , , , ,

Ads by Google