アニメレビュー,感想,評価ブログ

Ads by Google



この記事にイイね

早見沙織さんの罵倒を楽しむアニメ「エルドライブ【elDLIVE】」レビュー

, , , , ,

   

評価★★☆☆☆(23点)全12話

あらすじ 中学生九ノ瀬宙太は他の誰にも聞こえない「声」が聞こえる。それに反応して唐突に喋ることから、事情を知らない周りの人からは独り言の多い、変わり者扱いされていた引用 – Wikipedia


Ads by Google

早見沙織さんの罵倒を楽しむアニメ

原作は少年ジャンプ+で連載中の漫画作品。
家庭教師ヒットマンREBORN!を手掛けた天野明先生による作品だ。
監督は古田丈司、制作はstudioぴえろ。

見出して感じるのは主人公に対する嫌悪感だ。
いわゆるナヨナヨ系であり、
それだけでも好みが分かれるタイプの主人公だが、
滅茶苦茶独り言の多い主人公だ。

学校から帰って家の前につくなり
「うちはマフィン屋なんだ」とわざわざモノローグでセリフにする。
別に主人公の家がマフィン屋で有る必要性も感じないうえに、
わざわざ説明してセリフにする意味も感じない。

キャラクターの説明や作品の設定なども、
主人公の長い説明モノローグで片付けてしまう。
おばさんが不器用だという設定や両親が居ないなど、
見ている側に全て説明する。
何というか視聴者が「バカ」と前提してセリフが作られているような感じだ。

更にはただでさえモノローグがうざいのに、
人には聞こえない声が聞こえてしまい、その声と普通に会話してしまう。
散々、モノローグでは脳内で声に出しまくっているのに、
聞こえない声に対しては何故かざわざ声を出して、その声と会話をする。
主人公の設定やそれに伴う台詞回しのウザさが半端じゃない。

更に画面演出もうざい。
「ひだまりスケッチ」のシャフトによる演出のようなパステル演出だったりが、
ちょくちょく挟み込まれるのだが、その演出が効果的に作用しておらず、
派手目な色調をより派手にしてしまっており、画面が見づらいだけだ。

そして唐突すぎるストーリー展開。
散々、自分の家庭環境や自分のことについて説明した後に宇宙船にさらわれる。
何の脈絡もなく物凄く唐突に宇宙船にさらわれる展開は、
あまりにも唐突過ぎてついていけない。

何の変哲もない男の子が突然、宇宙警察にスカウトされるという
流れを描きたいのは分かるのだが、
あまりにも唐突かつ雑なストーリー展開に「面白さ」というのを感じない。
基本的に内容が古いうえに幼稚だ。

連載している雑誌は「少年ジャンプ+」だが、
どちらかというと今はなき「コミックボンボン」で
連載していた作品のようなノリや内容だ。
「股間にサッカーボールがあたる」シーンで笑えるのは
流石に小学生くらいだろう。

1話から3話、1クールのアニメにおいて重要な序盤がつまらない。
原作漫画の評判も調べたが、この1話~3話にあたる1巻の評判は
あまりよろしくない。
アニメ化において、その評判の悪い原作1巻の内容を、
あえて飛ばし後々に過去回想として描くことも出来たはずだ。

内容自体も王道といえば聞こえは良いがベタかつ古い。
何年前の夕方アニメ&朝アニメだろう?と感じるほどふるさを感じる。
この作品がコミックボンボンから
「少年ジャンプ+」らしくなってくるのは4話くらいからだ。
その4話くらいまでどの程度の視聴者が残っただろうか?

基本的にストーリーのテンポが悪い。
1話~3話の流れも、もう少し話を詰めることも出来たはずであり、
話が見れるレベルになってくる4話にしても、
グダグダな特訓シーンなどがあるため、
どうにも「面白い」と感じれるレベルまでハードルが上がりきらない。

話も二転三転する。
序盤は宇宙警察の「エルドライブ」としての活躍を描いているが、
中盤になると主人公の過去関連の話、ヒロインの過去や秘密の話、
終盤は唐突に話が広がるがアニメオリジナル展開になる。

1クールの間に色々な話をやるのだが、そのどれも根本的には解決していない。
中盤の主人公の過去の話も死んだと思っていた友人は出てきたが、
主人公と今後こうしようぜ!という感じの打ち合わせが終わったのみ、
ヒロインの過去や秘密も半分くらい明かされたのみ、
終盤に至ってはアニオリ展開で1クールを締めるためだけの内容であり、
お茶を濁して終わってしまった感じがある。

色々な話が中途半端に少しずつしか進まない。
原作がまだまだ続いており、先の展開を想定した序盤の段階の話であり、
1クールのアニメの話というよりは4クールくらいのがっつりとした尺を
想定したストーリー構成になっているため、
物語にメリハリが生まれていない。

結局、1話~3話に比べれば
4話以降はまだ見れるレベルのストーリーを展開するが、
最終話を見終わってもスッキリした感じはなく、
面白さの片鱗が少しだけ顔を出したくらいで終わってしまった。

全体的に見て原作の漫画の方はどうなっているか分からないが、
ストーリーの「見せ方」というのが悪く、
本来はあるであろう面白さを素直に感じさせてくれない。
派手なだけで見づらい演出、グダグダなテンポ、
面白みにかける戦闘シーンと見ている側の視聴意欲を削ぐ要素が多い。

簡単に言えばこの作品を見るモチベーションが保てない。
4話くらいから面白さは垣間見えてくるのだが、
次の話が気になる!早く続きが見たい!というような感じにならず、
いつかそういうモチベーションになるかもしれないと見続けるが、
なかなか、そこまでのモチベーションに至らない。

そもそも1クールでやるべき作品でもなかった。
話の区切り方が甘く4クールくらいのがっつりとした尺での話作りがされており、
1クールでは結局、中途半端な印象しか残らなかった。
原作がもう少し進んでからがっつりとした尺を取ってアニメ化すれば、
かなり印象の違った作品だっただろう。早すぎたアニメ化だ。

戦闘シーンもいつまでたっても微妙だ。
主人公は基本的に寄生されている生命体が勝手に攻撃してくれるのだが、
高性能な「ど根性ガエル」くらいにしか見えない。
「寄生獣」のように右手などではなく、胸あたりに寄生しているため、
余計にど根性ガエルだ、ダサい感じが強く、燃えられない。

唯一素直に評価できる見所というのはヒロインの可愛さ・・・いや、
早見沙織の罵倒セリフくらいしかない。
ヒロインはツンツンレベルMAXであり主人公に対して罵倒の連続だ。
そんな罵倒セリフを早見沙織さんが演るからこそ楽しめる。
この作品で唯一、素直に評価できる点だ。

売上的には予測段階で1000枚前後かそれ以下。
2期の期待感は薄い。
もう少し原作ストックが溜まってから2クールくらいで、
しっかりとアニメ化して、しっかりと見てみたかった。残念だ。

TVアニメ エルドライブ【élDLIVE】 第1巻【Blu-ray】
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2017-03-29)
売り上げランキング: 24,116

  , , , , ,

Ads by Google