アニメレビュー,感想,評価ブログ

「 ★★★★☆ 」 一覧

これぞギャップ燃え「幼女戦記」レビュー

評価★★★★☆(68点)全12話 あらすじ 21世紀初頭の日本でサラリーマンとして生活していた主人公は、リストラ勧告した社員の逆恨みによって地下鉄のホームから突き落とされて命を落とす。死後の世界で創造主を名乗る「存在X」と邂逅し、リアリストな言動と無信仰さを咎められ、戦乱の世界で苦労して反省するよう促され、赤子の女児ターニャ・デグレチャフとして別世界へ転生させられた。引用 – Wiki …

シンプルに萌え死にませんか?「OneRoom」レビュー

評価★★★★☆(64点)全12話 あらすじ 主人公はあなた―――「あにトレ」シリーズ、「枕男子」を手がけたスマイラル・アニメーションのバーチャルアニメ最新作!今度は貴方(One)の部屋(Room)ではぐくむ3つの物語。 引用 – Wikipedia

ストーリーの改変はこうあるべき「GANTZ:O」レビュー

評価★★★★☆(63点)全95分 あらすじ 地下鉄で事故に遭った加藤勝。次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。 そこで玄野というリーダーを亡くし失意の東京チームと出会う。 更にGANTZ部屋から彼らと共に転送された先は、怪現象で火の手があがる大阪の街だった。引用 – Wikipedia

これぞダイレクトマーケティング型ギャグアニメ「はがねオーケストラ」レビュー

評価★★★★☆(66点)全12話 あらすじ 人が生きていける場所が僅かしか残っていない、荒廃した大地。 これは、そんな厳しい環境の中で必死に生きるクレハ達が―― ゲーム「はがねオーケストラ」の宣伝に奮闘する物語。引用 – Wikipedia

圧倒的な世界観とストーリーの歯がゆさ「龍の歯医者 天狗虫編 殺戮虫編」レビュー

評価★★★★☆(62点)全2話 あらすじ 舞台は「龍の国」。国の守護神の龍を虫歯菌から守る新米歯医者の岸井野ノ子は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵のベルナール・オクタビアス(ベル)を見つける。引用 – Wikipedia

これは大人向けのクレヨンしんちゃんだ「クレヨンしんちゃん外伝 おもちゃウォーズ」レビュー

評価★★★★☆(65点)全13話 あらすじ 空前の大ブームを巻き起こした特撮番組の悪役“オバーン”。オバーンフィギュアも人気を博すが、あっという間に人気は廃れ、売れ残ったフィギュアは処分されてしまう。引用 – Wikipedia

すごーい!きみは武将を動物にするのが得意なフレンズなんだね!「戦国鳥獣戯画」レビュー

評価★★★★☆(61点)全13話 あらすじ 誰もが知る歴史的な局面、何気ない日常など、様々な場面の戦国武将たちを、動物に例えて描き、日本の歴史で遊んじゃうアニメーション番組引用 – Wikipedia

ギャグアニメの皮をかぶった哲学的作品「バーナード嬢曰く。」レビュー

評価★★★★☆(68点)全12話 あらすじ 町田さわ子は、学校の図書室の常連だが、本を読まずに読んだ気になって語りたいグータラ読書家。引用 – Wikipedia

大人目線で今一度、高校生活を「ReLIFE」レビュー

評価★★★★☆(66点)全13話 あらすじ 前職を三ヶ月で退職し求職中の海崎新太。元々大学受験で二浪した上大学院に進学していたため、現在27歳と若くもなく就活は難航する。いわゆるニート状態に陥っていた。これからの生活に悩む新太の前にリライフ研究所の職員を名乗る夜明了が現れる。夜明は「リライフ」、ニートを社会復帰させるとして、新太に『1年間の高校生活を送る実験』に参加することを提案する。 引用 &# …

ウィスキーの香り漂う、大人の渋いアニメ「91days」レビュー

評価★★★★☆(69点)全13話 あらすじ マフィアに家族を殺され、アヴィリオと名を変え孤独な生活を送る青年アンジェロは、ある日、事件の犯人の名が書かれた手紙を受け取る。引用 – Wikipedia

なんて可愛いヒロインなんだっ!「この美術部には問題がある!」レビュー

評価★★★★☆(71点)全12話 あらすじ 何の変哲もない普通の学び舎である月杜中学校のやはり何の変哲もない美術部における、受賞したこともあるなど絵の才能には恵まれているが、その熱意を二次元嫁だけに注いでいる内巻くんや、そんな彼のことが内心気になって仕方のない宇佐美さん、二人を気にかけているようで寝てばかりいる部長など、あれやこれや問題のある部員達が引き起こすドタバタラブコメディ。 引用 &#82 …

欠点はあるものの親子でしっかりと楽しめる「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」レビュー

評価★★★★☆(61点)全97分 あらすじ ある日、巨大な魚に呑み込まれる夢を見たのをきっかけに春日部市民たちは夢の中で巨大魚の体内にある不思議な世界に迷い込む。引用 – Wikipedia