アニメレビュー,感想,評価ブログ

「 上田麗奈 」 一覧

アイドル議員!?それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?「アイドル事変」レビュー

評価★★☆☆☆(39点)全12話 あらすじ パラレルワールド的な“ニッポン”に溢れる問題や不満に何ひとつ対策を打てない政府を立て直そうと、アイドルたちが立ち上がる。引用 – Wikipedia

荒唐無稽なカンニングバトル、1話10分なのがもったいない「チーティングクラフト」レビュー

評価★★★☆☆(41点)全12話 あらすじ 大陸では「国家特級学士試験」に合格する事こそエリートへの道。そんな学歴社会がエスカレートしていった結果、試験はカンニングも含めてバトルと化し、試験会場は戦場そのものとなっていた。そんな中、臨仙学園に諸葛睦明とその従妹の黄巧衣が入学する。 引用 – Wikipedia

P.A.WORKSが作るロボットアニメは青春アニメだった「クロムクロ」レビュー

評価★★★☆☆(58点)全26話 あらすじ 2016年。日本の富山県には国連主導で造られた「国際連合黒部研究所」が置かれ、過去にその地で発掘された「アーティファクト」と呼ばれる遺物の研究や、人型機動兵器の「ジオフレーム」の実験が行われていた。引用 – Wikipedia

文章を読み解く面白さを活かしきれていない「ハーモニー」レビュー

評価★★☆☆☆(38点)全120分 あらすじ 2019年、アメリカ合衆国で発生した暴動をきっかけに全世界で戦争と未知のウイルスが蔓延した「大災禍(ザ・メイルストロム)」によって従来の政府は崩壊し、新たな統治機構「生府」の下で高度な医療経済社会が築かれ、そこに参加する人々自身が公共のリソースとみなされ、社会のために健康・幸福であれと願う世界が構築された。引用 – Wikipedia

隠れた名作、地味だがこの作品は間違いなく面白い「Dimension W」レビュー

評価★★★★☆(71点)全12話 あらすじ 西暦2072年、人類はX・Y・Zに続く第四の次元軸「W」に存在する無尽蔵のエネルギーを取り出すことに成功したうえ、それを個人携帯用の次元間電磁誘導装置「コイル」に供給する「世界システム」を完成させたことによりエネルギー問題を解決し、夢の未来世界を築いていた。 引用 – Wikipedia

荒ぶるバイク下ネタアニメ「ばくおん!!」レビュー

評価★★★☆☆(50点)全12話 あらすじ佐倉羽音は丘乃上女子高等学校に入学したばかりの高校1年生。性格は極めておっとりのんびりしていて、これまで全くバイクとは縁がなかった。登校初日、自転車に乗って通学途中の坂道でへたりこんでいた時、すぐそばに現れたオートバイの存在感にカルチャーショックを受ける。バイクに興味を持ち始め、バイクがきっかけとなって出会った同級生、天野恩紗と共にバイク部に入部することに …

短編アニメだからこその濃厚パロディ、捗るわー「ハッカドール THE あにめ〜しょん」レビュー

評価/★★★★☆(65点)/全13話 あらすじ悩める人類を捗らせるために生まれたパーソナルエンタメAI “ハッカドール” ポンコツだけどどこか憎めない彼女たちが体を張っていろんな人のお悩みを解決!

ラノベ原作アニメの悪い部分を煮詰めたような作品「対魔導学園35試験小隊」レビュー

☆☆☆☆☆(6点)/全12話 あらすじ魔力を持つ人間が滅びようとしている世界、武力の頂点の座は剣から魔法、そして銃へと移り変わっていた。残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』に通う草薙タケルは、銃が全く使えず刀一本で戦う外れ者。そしてそんなタケルが率いる第35試験小隊は、またの名を『雑魚小隊』と呼ぶ、劣等生たちの寄せ集めだった。

心地良いほどの王道ドタバタラブコメ、でも実は・・・「実は私は」レビュー

[star rating=”4″](66点) 全13話 監督/山本靖貴 あらすじ 考えていることが顔に出てしまい嘘や隠しごとができず、「穴のあいたザル」=アナザルと呼ばれる高校生の黒峰朝陽は、クラスメイトであるミステリアスでクールビューティーな白神葉子に恋をする。ある日、朝陽は偶然にも「実は私は吸血鬼」である葉子の秘密を知ってしまい、その秘密を守り抜くためになし崩しに「お友 …

これは日本のディズニー・アニメだ「リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」レビュー

評価/★★★★☆(75点)

ハナヤマタ

評価/★★☆☆☆(28点)

アルモニ

評価/★★★★☆(67点)