アニメレビュー,感想,評価ブログ

「 岡本信彦 」 一覧

6年越しの2期は王道の面白さを感じさせる「青の祓魔師 京都不浄王篇」レビュー

評価★★☆☆☆(38点)全12話 あらすじ 人間の住む「物質界(アッシャー) と悪魔が住む「虚無界(ゲヘナ)」。本来は干渉することすらない二つの次元だが、悪魔はあらゆる物質に憑依し、物質界に干渉していた。引用 – Wikipedia

毒にも薬にもならない、ほわほわアニメ「ももくり」レビュー

評価★★☆☆☆(36点)全26話 あらすじ 「大好きな人の事は全部知りたい!」高校二年生の栗原雪は、一つ年下の後輩・桃月心也に一目惚れをする。遠くから彼の姿を隠し撮りした“ももくん写メコレクション”が100枚になり、栗原は告白を決意。二人は恋人として付き合い始めるが、依然として栗原は桃月の姿を隠し撮りしたり、彼の触った物を収集したりと、行動がどこか変で…?不器用な二人が繰り広げる、一途で残念なゆる …

マッドハウス制作なのに漂うGONZO臭「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」レビュー

評価★☆☆☆☆(14点)全13話 あらすじ 精霊が実体として存在し人間のパートナーとして共に生きる世界。カトヴァーナ帝国の少年イクタ・ソロークは、昼寝と徒食と女漁りに精を出し、日々を怠けながら過ごしていた。だが彼は、帝国一の科学者アナライの弟子の一人であり、後に「常怠常勝の智将」と呼ばれることになる比類なき才気を持っていた。 引用 – Wikipedia

努力・友情・勝利、これぞジャンプだっ!「僕のヒーローアカデミア」レビュー

評価★★★★★(82点)全13話 あらすじ 超常能力“個性”を持って生まれるのが当たり前の世界。“個性”を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)を取り締まる存在・ヒーローは人々の憧れの存在となっていた。少年・緑谷 出久も幼い頃からヒーローに憧れ、ヒーローになるために難関・雄英高校への進学を目指していたが、先天的な“無個性”であるため合格は絶望的と周囲からバカにされ続けていた。出久は高校受験を控えたある日、 …

何も終わらないセラフ「終わりのセラフ」レビュー

評価/★★☆☆☆(25点)/全24話 あらすじ突然発生したウイルスにより大人たちが死に絶え、人間社会が崩壊してから4年。残された子供たちは吸血鬼たちが住む地下都市に囚われ、血液を提供する代わりに生かされるという家畜同然の生活を送っていた。その中の一人、百夜優一郎は「家族」である百夜ミカエラたちと共に地下からの脱出を図るが、ミカエラたちは脱出計画に気付いた吸血鬼たちの手にかかって死亡し、優一郎は唯一 …

やはり俺の厨二病ラブコメは間違っているかもしれない「異能バトルは日常系のなかで」レビュー

評価/★★★☆☆(57点)

暗殺教室」

評価/★★★★☆(63点)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」

評価/★★★☆☆(59点)

はぐれ勇者の鬼畜美学」

評価/★☆☆☆☆(12点)

Double Circle

☆☆☆☆☆(0点)

月刊少女野崎くん

評価/★★★★★(100点)

サカサマのパテマ

評価/★★★☆☆(41点)