「25歳の女子高生」レビュー

評価 ☆☆☆☆☆(1点) 全12話

あらすじ 求職活動中のフリーター・名鳥花は、突然の親戚からの頼みで、不登校の従妹の替え玉として高校に通うことになってしまう。引用- Wikipedia

坊主枠史上1番の駄作

原作はネットの広告でよく見かける電子書籍サイト、
Comi!cFesta連載中の漫画作品。
いわゆる坊主枠な1話あたり5分ほどの短編アニメ。
監督は太多秀太、制作はリリクス

見出して感じるのは無理のありすぎる設定だろう。
この「坊主枠」の作品は基本的に駄作であり、
女性向けのセクシーなアニメを規制シーンを交えて放送し、
有料のアニメサイトで無修正版を見せるためだけのものだ。
簡単に言えばエロ動画のサンプル動画を地上波では流してるだけにスギない。

この作品も例に漏れず。
不登校のいとこの代わりに25歳のヒロインが替え玉として高校に通う。
16歳と25歳という年齢だけでも無理があるのに、
外見もそっくりというご都合主義のおかげで周囲は気づかない・・・
わけもなくイケメン男性キャラだけが気づく。

もう、このあらすじからも分かるだろう。
それをネタにエロいことをされる。それだけだ。
これが男性向けの萌えアニメならばフェミニストの方が憤怒するような
強引なシチュエーションかつ都合のいい展開の数々は呆れるしか無い。

キャラクターデザインも古い。
90年台の少女漫画のような刺々しい髪の毛や
男性キャラの「あご」や「鼻筋」など、
よくもまぁ2018年という現代でこのデザインで恥ずかしげもなく
アニメとして作れるなと思うほど古臭い。

セクシーシーンも地上波版はほとんど見れない。
坊主アニメのように「規制」の演出を工夫があればまだ見れるのだが、
この作品はただ「見せられないよ」というだけで一切工夫していない。
シチェーションを変えているだけで今までの坊主枠とほんとんど変わらず、
新鮮さも面白さもない作品だ。

総評

全体的に見てなんのひねりもなく「女性が好きそうなシーン」を
「女性が好きそうなイケメンキャラ」で描いてるだけにすぎず、
有料サイトへ誘導するためのサンプル動画だ。

僧侶と交わる色欲の夜にやスカートの中はケダモノでした。は
まだ見れるレベルであり、作品としての面白さはともかく、
個性は感じる作品だった。

しかし、この作品はただ無個性だ。
男性向けのアダルトビデオでお馴染みのようなシチュエーションを
美少女とイケメンキャラにやらせてるだけのようなシーンも多く、
ご都合主義全開、流されまくりの主体性と自己主張のまるでないヒロインと、
作品としての個性も魅力もない。

制作側のクリエイターとしてのプライドのようなものをまるで感じない、
商業的な金の匂いしかしない作品だった。

個人的な感想

個人的には僧侶、坊主枠のアニメとしては1番の駄作だ。
アニメに置いて「見れるレベル」というのを下回っており、
見ていてただただ不愉快なアニメだ。

いつまでこの坊主枠のアニメを作り続けるのだろうか?
来季も「甘い懲罰〜私は看守専用ペット」というのをやるようだが、
いい加減にしてもらいたい。

ただ1番気になったのは入れ替わっている従姉妹が出てこなかったことだ。
理由など一切説明されず不登校というだけの設定のキャラだが、
最後まで出てこなかったのは本当に気になって仕方なかった。
まあ25歳のヒロインを高校に通わせるためだけの設定のキャラなので、
出る必要はないのかもしれないが(苦笑)

男性向けのアニメで同じようなことをスレばBPO案件やクレームを
入れられるレベルのことをしており、女性向けだからといって
地上波で流していい作品ではないだろう。
TOKYO-MXさんにはご一考いただきたい所だ