「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」レビュー

評価 ★☆☆☆☆(14点) 全90分

あらすじ 夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト引用- Wikipedia

シャフトの癖が強いんじゃぁ

原作は1993年に放送されたドラマ、1995年には映画化もされ、
2017年にアニメ映画として制作された。
総監督は新房昭之、監督は武内宣之、制作はシャフト

見出して感じるのは癖の強い始まりだろう。
水着姿で水中に居る主人公とヒロイン、
思わせぶりなセリフのあとに大量の花火が描かれる。
物語が始まる期待感というものを感じさせるほどには至っておらず、
いわゆる「質アニメ」感が強い。

「質アニメ」の特徴として作画の質が高いというのがあるが、
この作品も例に漏れず作画の質は異常に高い。
シャフトにしては珍しくきっちりと「背景」まで書き込まれた作画と、
数々の深夜アニメを作り上げたシャフトらしい「エロチシズム」を感じる
太ももや女性のパーツの描写は一般受けを狙っているにしては艶かしすぎる。

カメラアングルもエロい。
妙にローアングルで映したり、体を舐め回すようにカメラを動かしたりと、
これが深夜アニメなら「エロい!さすがシャフト!」と褒めたくなる所だが、
「広瀬すず」や「菅田将暉」などをメインキャラに起用してるところを見ると
いわゆる「一般受け」を狙っているはずの作品だ。

そんな一般受けを狙っている作品なのにシャフトらしいエロさが
隠すことなく、あますことなく描かれており、
予算があるだけにかなり作画の質もいいせいで余計にエロい。

青春アニメ映画ということで「君の名は」を意識した部分もあったのだろう。
あの作品も一般受けを狙った新海誠監督の作品だが、
あの作品はしっかりと新海誠監督の変態性を抑えており、
「口噛み酒」などちょっと変態性が漏れ出てしまうところはあったものの、
普段アニメを見慣れてない人が見ても許容できる範囲に収めていた。

しかし、この作品は収めきれていない。
普段深夜アニメを見ていて、シャフトという制作会社を知っていて、
化物語などでの「セクシー」なシーンで楽しんでる人なら楽しめる。
だが、「慣れていない」人にとってはやや主張の強いフェチシーンが多く、
特に女性などは嫌悪感をいだきやすい描写だろう。

「胸」の描写もかなり露骨だ。
主人公の担任の先生の爆乳具合など深夜アニメならばお約束的ではあるものの
こういった一般受けを狙ったアニメ映画では過剰な描写だろう、
ぷるるんと揺れる胸の描写はオタクにとってはご褒美だが、
普通の人からすれば「気持ち悪い」と捉えかねない。

同時にキャラクターが化物語とかぶる。
アップになった際の口元や表情など「化物語」で見たことのある
描写が非常に多く、キャラデザが同じだから仕方ないのかもしれないが
「阿良々木暦」「戦場ヶ原ひたぎ」などのキャラクターが頭をよぎる。
新房昭之監督らしい描写や演出とも言えるのだが、
シャフトの「癖」がかなり出ている。

登場人物にも感情移入しづらい。
主人公が唐突に友人を殴ったり、ヒロインが憂いを秘めた美少女だと思ったら、
唐突にデートに誘ってきたりと、
情緒不安定過ぎるキャラクター描写は掴みどころがなく、
主人公やヒロイン、その他のキャラに感情移入できない。

ストーリーの唐突さも凄い。
なにせ主人公が謎の玉を使い何度も「タイムリープ」する。
「もしものあとき」と主人公が玉に願えば、
もしものあときの時系列に戻り、別のルートへと主人公が進んでいく。

このタイムリープが非常に分かりづらい。
時間が戻って「もしものあとき」のもしもに戻っているのは分かるのだが、
一回目のタイムリープの際に主人公の記憶はない。

こういった何度も同じ時系列を戻る作品には2パターンある
シュタインズゲートやRe:ゼロから始める異世界生活のように記憶があり、
バッドエンドを回避するためにタイムリープしルートを模索する作品と、
四畳半神話大系のように記憶がないが「あの時ああすればどうなったか」
という様々な分岐を見せるパターンがある。

だが、この作品は2パターン見せている。
最初は記憶が無いように見せている、だがデジャブのように記憶が蘇り、
すぐに主人公は「お!この玉使えばあのときに戻れるじゃん!」と
めちゃくちゃタイムリープに対する理解が早く、すぐに使う。

「玉」に関しての説明は殆ど無い。
ヒロインが拾ったというくらいで、それを主人公が使いまくる。
そもそものドラマ版ではこの「玉」すらでてこなかったようで、
どちらかといえば「四畳半神話大系」タイプの話のようだ。
それを強引に、シュタインズゲートタイプのタイムループにしている。

しかも、それが余計な尺稼ぎにしかなっていない。
ループのたびに繰り返されるシーンや演出の数々のせいで
1ルートごとの時間が無駄に長く、似たようなシーンが多いせいで
見ていて単純に飽きる。

そもそものドラマが45分の作品だ。しかし、この作品は90分ある。
同じ話を倍の尺で描くためには当然、そもそもの話になかったシーンや
ストーリーを追加し尺を稼ぐしかない。
それがあからさまに作品の面白さそのものを薄めてしまっており、
結局「青春ストーリー」にしたいのか「タイムリープSFストーリー」にしたいのか、どっちつかずな感じになってしまってう。

ストーリー的にもふわっとした感じで終わってしまい、
ハッピーエンドとは言えない。
SFの要素を強めてしまったせいで解釈の仕方次第ではバッドエンドとも
捉えることもできてしまうエンディングは強い消化不良を起してしまった。

総評

全体的に見てシャフトと新房昭之監督の癖が強すぎる作品だ。
一般受けを狙ってるはずの映画なのに所々見られる深夜アニメのノリや、
フェチズム要素の強いセクシー要素、シャフトらしくはあるが
癖の強すぎる演出は慣れていな人にとっては見づらさしか感じないだろう。
作品全体の「ターゲット層」がよくわからなくなってしまっている。

演出も無駄な部分が多い。
ストーリーをより面白く見せるために、
キャラクターをより魅力的に見せるために、
シーンをより印象深いものにするための演出ではない。
90分という時間を稼ぐための演出でしかなく冗長かつ無駄だ。

確かにきれいだ。シャフトという制作会社にしては驚くほど作画の質がよく
キレイなのだが「綺麗」なだけでそれ以外の意味がない。
シャフトらしくない、新房昭之らしくない自己満足と
尺稼ぎのための演出は1ファンとして残念でしかなかった。

一般受けを狙った青春アニメ映画にしたいのか、
オタク受けを狙ったSFアニメ映画にしたいのか。
最期までどっちつかずのままで進んでしまい、
ふわっとした感じで終わってしまい、見終わったあとに何も残らない。

結局の所、ドラマにはなかった設定やストーリーを追加したことや、
そもそもドラマでは「小学生」だったキャラクターたちが
アニメでは「中学生」にしてしまったことによる矛盾や、
キャラクターの行動の突飛さや情緒不安定さにもつながっており、
終始、キャラククターに感情移入できず
掴みどころがないままに終わってしまった。

個人的な感想

個人的には全く期待していなかった作品だが期待以前の問題だった。
この作品は「シャフト」と「新房昭之」に作らせるような作品ではない。
プロデューサーの意図としては有名な制作会社とアニメ監督に
君の名はのような一般受けする大ヒット映画を作ってもらいたかったのだろう。

だが、シャフトも新房昭之監督もそんな事はできない。
新海誠監督は君の名では「性癖」を抑え込んでいたが、
新房昭之監督は抑え込んでいない。むしろいつもどおりにやっている。
だからこそ作品全体に変なズレや違和感が起こりまくっており、
アニメ映画を見てるのか深夜アニメを見てるのかわからなくなる作品だった。

企画側の意図と制作側の意図が噛み合っていないことを
作品から感じ取れてしまう作品だ。
唯一の見どころはヒロインが無駄にエロいくらいだが・・・
それくらいしか記憶に残らない作品だった(苦笑)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
(2018-04-18)
売り上げランキング: 61,497