グレネーダー ~ほほえみの閃士~

スポンサーリンク
未分類

グレネーダー ~ほほえみの閃士~感想



グレネーダー ~ほほえみの閃士~感想

グレネーダー ~ほほえみの閃士~
★★☆☆☆

自分の故郷を目指し旅をしているガンマン、
天道琉朱菜はその過程で出会った侍の虎島弥次郎、
風船使いの紅みかんと共に襲い来る苦難を乗り越えていく。
おっぱいリロード
もう、なんか↑が中心のアニメです。(苦笑)
このアニメの特徴はなんといってもガンアクション、
その中でも逸脱してるのが・・・
下記のシーン。

見てくださった方は、たぶんありえねぇとつぶやいている事と思います。
実際、こんなリロード出来る人がいたらすごいと思いますが・・・w
ただ、上記の動画でも分かる通りアクションシーンの
出来は本当に素晴らしく、目が離せない絵になっています。
肝心のストーリーは、ちょっと微妙な感じ。
ストーリーのつまらない点も面白い点も特に記述すること無く、
アクションシーンの印象が強すぎて全然頭に入りません(苦笑)
ただ気に入らないのは、話の途中で手書きで書いたような字が
出てくるシーンが何度もアリます。
その時の状況で。ツッコミ、解説、技名が書き殴りの文字で
ワンシーンを支配するためテンポが落ちています。
あの演出は監督かなんかが気に入ってたんでしょうか?
アニメで文字って(苦笑)
なんとも納得が出来ないシーンのため、でる度にしらけてしまいました。
アクションシーン以外で特に見所も無く、
戦闘場面以外は「つまんないな~・・・」という印象が強すぎました。
戦闘とストーリーのバランスが取れていない。といえばわかりやすいかも?
おっぱいリロードのような変態チックな戦い方がもっと劇中で
どんどん出れば、「変態戦闘アニメ」として楽しめたかもしれませんが、
敵は意外に普通なやつが多いのが残念。
現実離れしたガンアクションが見たい方にはおすすめ。

コメント