こみっくパーティー

こみっくパーティー感想


こみっくパーティー感想
こみっくパーティー
★★☆☆☆
大ヒットPCゲームを原作にしたTVアニメシリーズ
コミケを舞台に、同人誌作りに青春を燃やす千堂和樹と幼馴染みの高瀬瑞希、
九品仏大志らの青春を描く。
時代を感じてしまった
有名ギャルゲーが原作の本作品は同人誌作成を中心にしたストーリーで
その中で主人公の成長を描いている。
基本的に主人公を中心とした同人誌の作成、恋愛要素なのですが全体的に薄い。
まず、キャラクターデザインが明らかにギャルゲーっぽく
基本的に一般受けはしない。
第一話の冒頭から、何も知らない主人公をいきなり同人誌即売会に連れ出す所から始まるが
冒頭から中盤に引き込むまでの力がなく、1話~3話で見るのをやめた人が多そうだ。
中盤からは主人公の悩みや、鬱的な展開もあり
ただのオタク系アニメではない!という主張は感じるが、
力強さを感じなかった。
ただ、同人誌の世界や雰囲気を味わうには非常に良いアニメだといえるが
普通のアニメとしては何とも微妙。
人間ドラマをかくのか、同人誌の世界を書くのか。
両方をしっかりと書きたいのか・・・何ともいえない出来栄えになってしまっている。
媚びた萌えもなく、派手さが無いので一般の人が見るのはきつく
やはり原作をやった人向けなのかなと思ってしまいました。
また、主人公を同人誌の世界に連れ込んだ「大志」というキャラクターは
基本的に放任主義でほとんど同人活動を手伝わないのは疑問を感じた。
あんだけ派手なキャラクターは手に余ってしまったのかもしれない。
キャラクターも今見たからありきたりで深みなさを感じてしまうが
リアルタイムで見てればもう少し違った評価が出来たかもしれない。

スポンサーリンク