WORKING´!!

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


WORKING´!!感想

評価/★★★★☆(67点)


WORKING´!!感想

制作/A-1 Pictures
監督/大槻敦史
声優/福山潤,阿澄佳奈,藤田咲ほか
全13話

あらすじ

16歳の高校生、小鳥遊宗太(タカナシソウタ)は、
ある日小学生にしか見えない実は宗太より先輩の種島ぽぷらから、
ファミリーレストラン「ワグナリア」のバイトに誘われ、そのまま働くことに。



スポンサーリンク

今年は3mm伸びたもん!

原作はヤングガンガンで連載中の4コマ漫画
本作品はWORKINGとしては2作品目の作品、
スタッフは監督などが一部変更されている
基本的なストーリーは一期の続き。
北海道にあるファミレス、ワグナリアでバイトをする学生たちを中心に
ちょっと癖のあるキャラクターたちが織り成す日常コメディ。
という感じだろうか?
一期を見ていなくても問題ないといえば問題ないが、
一期を見てからの閲覧をお勧めしたい。
始まって一話、一話だけは一期を見ていない人のために
キャラ紹介の意味合いも込めて、一期とは違うストーリー構成になっており
一期から見ていた人はWORKINGアニメのテンポの良さがなくなってしまい
強い違和感を覚えやすい。
2話以降、だいぶましにはなるものの若干引っかかる部分もあり
全話を通し見ていて、つまづくようにテンポが落ちている部分があった
やはり一期と監督が違うことが大きい。
原作が4コマだけにネタが短く、ネタとネタの間をつなぐシーンが
一期は非常にうまく、テンポよく短いネタが織り込まれ
ストーリーが進んでいたのだが2期に入ってからは明らかに
ネタとネタをつなぐシーンの使い方が悪く違和感が強く生まれてしまう。
余計なシーンも多かったのも印象に残っている
この違和感は一期を見ているから。という要因が強い
2期を見だしてしばらくすると、このテンポにも慣れてくる。
特に後半からは新キャラも出だしてストーリー自体の面白みに拍車がかかる
しかしながら新キャラはメインキャラを引き立てる脇キャラにしかすぎず、
確かに癖のあるキャラクターではあるのだがメインキャラのように感情移入しづらく
話的にも掘り下げが甘く消化不良気味。
新キャラの話をやるくらいならメインキャラの話をやってくれ!と思う反面、
ギャグ漫画の場合、新キャラを出す=ネタ切れなので仕方ない感じもある
また作画的には高レベルで安定している。
一期に比べると原作っぽい感じもあり、デフォルメキャラが多用されていたり、
顔芸が増えていたりと、作画的には一期よりも2期のほうが上だろう
特に背景やファミレスの食べ物など、細かい部分へのこだわりを感じた。
今期では各キャラの恋愛模様が若干進展が見える、
ただもう、各キャラ癖がありかつ、へたれもいるので進んだのか進んでいないのか(笑)
しかしながら、恋に焦がれる乙女チックな伊波まひるは安定した可愛さを放っており
その伊波まひるに恋されている小鳥遊の激しい戸惑いもある意味萌え所だ。
更にもう1つのカップル?、佐藤と八千代。
この二人の全く進んでいない恋愛模様は、悶えるw
特に佐藤のへたれっぷりや、八千代の小さな心の動きなどよく描けており
この二人がこの先どうなっていくのか気になって仕方なくなる。
恋愛と一切関係ないマスコットキャラの種島ぽぷらは相も変わらず愛くるしい。
お約束になっている身長ネタを駆使しつつ、小動物的な可愛さはたまらず。
更にウザ可愛いという言葉を生み出した?山田のうざ可愛いさは
演じておられる広橋涼さんの演技も相まって、ウザ可愛かった(笑)
最終話も日常ストーリーで描写され、3期に期待したくなる内容だ。
全体的に見て一期よりも完成度が低いのは仕方ない。
一期はWORKINGという作品に対して愛情を感じ、これでもか!と作られていたのだが
2期では一期の完成度を意識するあまり、一期との差別化を測ったり
キャラの描写やストーリーのテンポに違和感を覚えやすい。
簡単にいえば、一期は一話あたりパンパンに詰め込んでストーリーを構成していたが
2期では一話あたりの密度が薄く、引き伸ばしている部分も多かった。
逆にその引き伸ばしの間でシュールな間を産んでおり、
じわじわっと笑いにつなげている。
一期とは少し違う角度でこのWORKINGという作品を描写している2期だった。
メインキャラの相変わらずのストーリーは楽しめる。
ちっちゃくないよ!と連呼するぽぷらや、男性恐怖症が少し治った?伊波さんや、
男での萌えキャラのへたれな佐藤さんなど、
相も変わらず愛くるしいキャラ達は一期から見ていて非常に和める。
だが、その反面パターンもできてしまっていてそのパターンに慣れつつある。
しかしながら、この愛すべきキャラクターたちのストーリーは
ずっと見ていたいと思わせる面白さがある。
若干いろいろな要因から評価は下げたものの安定した出来栄えだ。
売上から考えればもちろん3期あるのだろうが、原作ストックがたまり次第だろうか?
早く3期を作って欲しいところだ。

コメント