氷菓

氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]


評価/★★★★☆(63点)


氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]

制作/京都アニメーション
監督/武本康弘
声優/中村悠一,佐藤聡美,阪口大助ほか


あらすじ
何事にも積極的に関わろうとしない「省エネ主義」を信条とする神山高校1年生の折木奉太郎は、姉・供恵から古典部への入部を勧められる。廃部寸前だった古典部で部員が自分ひとりならば何も活動する必要がなく、自分の信条に反しないと判断して入部した奉太郎だが、予想に反して同じ1年生の千反田えるも「一身上の都合」で入部していた。



スポンサーリンク

私気になります!


京都アニメーションが制作した本作品。
原作は普通の小説であり、押絵も萌え絵などではない
今回アニメ制作にあたりキャラクターデザインがなされ、
普通の小説を「京都アニメーション」がアニメ化するという面白い制作だ

基本的なストーリーはミステリー。
何事にも積極的に関わらない主義をもつ主人公、
そんな主人公は姉から言われ「古典部」に入ることを勧められる
古典部に行くと、そこには黒髪の美少女が居たという感じだろうか?

本作品はミステリーだが、事件の内容はかなり些細なものが多い。
例えば、何故部屋の鍵は閉まっていたのか、何故先生は授業内容を間違えたのか
未完成の映画の脚本の犯人をあてたりと、いわゆる想像するミステリーとは少々違う
身近に潜む不思議な本当にありそうな事件を描写する。

誰がかが死ぬわけでもない、誰かが殺すわけでもない
ある意味で「新しい」ミステリー物という感覚を覚えた
誰も死なないミステリーというのはアニメという媒体では初めてだろう

ただ、その些細な事件のトリックが回によっては微妙なのもある。
事件が解決しても「何だそんな事か」と思ってしまうことがあり、
その軽さがよくもあり、悪くもある。
恐らく人によっては「ミステリー」と聞いて肩透かしを食らってしまうかもしれない
ジャンル的にはミステリーなのだが、内容的には「青春」の要素も強い

主人公である折木奉太郎は1話の時点ではどこか斜に構えた
自分のことを一歩引いた場所で見ているような、疲れたような高校生だ
そんな彼がひょんなことから「古典部」に入部する
彼は古典部に居た「千反田える」に灰色の高校生活を色めいたものに変えられる

彼女、「千反田える」は本当に可愛らしい女の子だ
良家のお嬢さんという設定通りの上品さや喋り方、仕草、
そしてお嬢さんだからなのか、彼女の性格のせいかなのかもしれないが
主人公に対し妙に近い距離感で話しかける

「私気になります!」

彼女が顔を近づけて、主人公に対し疑問を投げかける。
時にはいつの間にか閉まっていた鍵がなぜ閉まったのか、
時には自分が怒った理由、時には自分が忘れてしまった記憶、
様々なことを「私気になります」というセリフを共に
主人公に投げかける

投げかけられた主人公はめんどくさそうにしながらも
持ち前のひらめきを生かし、「千反田える」の疑問を解決していく
そんな主人公に対し、「千反田える」は憧れにも似た好意を抱き、
主人公は自分を頼ってくる「千反田える」に対し、
複雑な感情を抱きつつ、灰色の高校生活から色めいた高校生活に変わっていき
また、そんな生活の変化を楽しみだす。

主人公とヒロインとサブキャラたちは、小さな謎を解決していき
そんな中で徐々に変化していく。

ただ、たしか日本作品のストーリーは面白くキャラクターも可愛らしいのだが
起伏が薄い。
京都アニメーションの作画だからこそ「会話のみ」のシーンが
背景やキャラクターの表情の豊かさといった作画の良さでごまかされているものの
会話のシーンが多く、その会話も長い。

この長さは人にとっては「退屈」と感じてしまうだろう。
1話1話、区切られている話も少なく淡々と会話のストーリーを展開してしまい
まるで分厚い一冊の本を読んでいるような感覚になる
そういった意味では、好みの分かれる作品といえるだろう

キャラクターも魅力的ではあるものの曲者、
回りくどい言い回しや、好感の持ちにくいキャラクターもおり
各々のキャラクターに感情移入しにくい。

全体的に見てよくできていて新鮮味のあるストーリーは楽しみやすい、
だが、その反面キャラクターの魅力が「可愛い」以外で伝わりにくい場合が多く
「氷菓」という作品の世界観に最後までいまいち馴染み切れない
人によってはキャラクターの行動に「?」を感じてしまうだろう

しかしながら、「誰も死なない」ミステリーと「灰色の青春」という要素は
上手くからみ合っており、そこに「京都アニメーション」の作画能力が合わさり
会話だらけのストーリーを彩る演出がひかっていた

個人的には序盤こそやや退屈な印象を受けたが、
話が進めば進むほど、不思議な面白さに取り付かれている作品だった
ただ、サトシの終盤の行動についてはいまいち飲み込み難かった

原作のストックがないそうで2期をやるとしてもかなり先になるようだ
最終話が「ふわっ」と終わってしまっただけに、高い評価はできないが
もし2期またはOVAやいっそ映画などといった展開があれば
是非見たい作品です。

余談だが、声優が本当に豪華な作品だった・・・
サブキャラやちょい役ではもったいない豪華なメンバーを取り揃え
作画も手を抜かない京都アニメーションの「妥協の無さ」は恐れ入ります。
なんというか、京アニのお金の余裕を感じてしまう作品だった(苦笑)