あけましておめでとうございます,2013年アニメを少し振り返る


新年あけましておめでとうござます。
2014年です、このブログを初めて4年がたちました
2013年はアニるっ!への移転、1000レビュー突破などこのサイトにとって大きな転機ばかりでした。
アニるっ!へのレビューの移転は順次、行っていきます。

2013年のアニメは今思い返すと多種多様、レビューしがいのある作品が非常に多かった印象です。
特に劇場作品は例年に比べればかなりの数が公開され、私も劇場に足を運んだ回数も増えました
魔法少女まどか☆マギカや、風立ちぬ、銀魂など面白いと感じる映画作品も多い一方で、
ファン向けすぎる内容や総集編の映画など微妙な作品も多かったと感じています。

今年も「たまこまーけっと」が映画化するなど予想外の映画化作品も増えていきそうですね(笑)
なるべく劇場に足を運んで、見るかどうか悩んでいる皆様にレビューをお届けできればと感じています。
余談ですが、2013年初めにTOHOシネマズのシネマイレージの会員になったのですが、
ポイントが貯まりまくり3回ほど無料で見ることが出来ましたw

2013年のTVアニメに関しては、「強い印象」が残ったものと「印象の薄い」作品が多かった印象です。
最も話題になった進撃の巨人や
癒し系アニメではきんいろモザイクやのんのんびよりなどの完成度の高い作品などがある一方で
地味な作品や印象に残りにくい作品が多かった。
皆さんは覚えているでしょうか「フォトカノ」や「ささみさん@がんばらない」や「琴浦さん」を(笑)


いわゆる駄作でも良作でもない、何ともいえない作品や面白いんだけど地味というような作品など
見終わった後に忘れ去られる作品が多く生まれたように感じます。
「恋愛ラボ」や「サーバント×サービス」や「まおゆう魔王勇者」など、
1話の印象はいいけど話が進むとだんだん印象が微妙になり、放送終了後にはあまり話題にならない、
他の作品の話題性が強いために忘れ去られてしまった作品が多かった印象です

2期ものも多かったですね、その中で完結した「ロウきゅーぶ!」や「俺妹」など
焦って終わらせた感じの強い作品もありました。
この2作品に関しては2クールくらいで見たかった印象なのですが、
1クールに押さえ込んだせいで消化不良を起こしてしまった感じが残ります。もったいない。

そんな中で2期や3期をやっても「まだおわんないのかよ!」と思うような作品もありました、
敢えて作品の名前は出しませんが、ハ●テのごとく!とか(笑)
いろいろな作品がありましたが、なかなか綺麗に終わった作品もあまり多くありませんでしたね
最終話付近でやらかした!というような意見も多く見られれました

個人的に2013年で好きだった作品を上げると、やはり「げんしけん 2代目」でしょうか。
売り上げ的には芳しくない作品ですが、私個人として好きな作品の1つです。
1期から、または原作を見ていないと伝わりにくい描写ではあるのですが、
オタクである「斑目」の告白シーンは強い印象が残っています。
もう1つ上げるなら「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」、
久しぶりにロボットデザインと戦闘シーンに燃えることの出来る戦闘シーンでした

萌えたキャラクターで言えば「志熊理科」や「新垣あやせ」などでしょうか(笑)
この二人には完ぺきにやられました。
萌えとは違う純粋な可愛さで言えば、のんのんびよりの「一条 蛍」、
きんいろモザイクの「アリス」など萌えとは違う可愛らしさに癒やされるキャラにも
すっかりやられてしまいました。

声優さんで言えば今年出演された作品の多かった「名塚佳織」さんや、
恋愛ラボでの赤崎千夏さん、きんいろモザイクでの田中真奈美さんなどの新人さんも印象に残っています
今年も多くの新人声優さんが出てくると思うのですが、さすがに覚えきれなくなってきました(苦笑)

レビュー数は去年と比べると、仕事が忙しかったせいもあり若干勢いがおちてしまっている感じですが
今年は怒涛の更新で頑張って行きたいと思います。
とりあえず年内の目標は1300レビュー突破を目指します、あくまでも目標です(笑)

レビューの文章力、誤字脱字は相変わらずですが、
一昨年くらいのレビューに比べればだいぶましになったかと(笑)
色々書きましたが、なにはともあれ2014年もよろしくお願い致します。

ちなみに一番上の写真は私の現在の視聴、仕事環境です(笑)