2016-02-24

映画

よくよく考えると舐められた気分になる作品「ガラスの花と壊す世界」レビュー

☆☆☆☆(6点)67分 あらすじ 無数の光が色とりどりにきらめき、浮遊している無重力の空間――「知識の箱」。 そこには幾つもの世界があり、幾度の時間があり、幾多もの人がいた。デュアルとドロシーの2人はそこで敵と戦っていた。...
スポンサーリンク