みつどもえ

みつどもえ感想

評価/★★★☆☆(52点)

みつどもえ感想

制作/ブリッジ
監督/太田雅彦
声優/高垣彩陽,明坂聡美,戸松遥,豊崎愛生ほか
全13話


あらすじ

日本一似ていない小学生の三つ子。
ちょっとおませなサドガールの「みつば」
ちょっとスケベなマッスルガールの「ふたば」
ちょっと不思議な暗ガールの「ひとは」
この丸井三姉妹が織り成す破天荒な小学生ドタバタ・ショートコメディー!!

スポンサーリンク

萌えアンジャッシュ

本作品は三つ子を中心とした小学6年生の日常を描いたギャグアニメ。
ギャグについては三つ子が巻き起こした事件や小学生らしい日常、
下ネタやすれ違い、勘違いネタで構成されている。
ギャグについては人によって「合う」「合わない」があるので何ともいえないが、
序盤は下品なネタが非常に多い。
特に第2話の検尿ネタが人によってはドン引きするほど汚い(苦笑)
また設定が小学生でブラジャーネタや下着、胸などのネタが出るのは若干危ないかもしれない。
中盤からはキャラクターを中心としたすれ違いネタが増える。
むしろマンネリといっていいぐらいに
「また勘違いネタ?」「またすれ違いネタ?」と言わんばかりに、
キャラクター同士の勘違いで始まる話が多かった。
勘違いネタが面白くないわけではないが、あまりにも同じような構成の話が多かったのは
連続してみていると若干飽きを感じてしまった。
ただ、多いキャラクター一人一人の立ち位置とキャラ付けがしっかりしているので
「勘違いネタ」も見れるものになっていた。
これは個人的に感じたことかもしれないが、この作品はオチとツッコミが弱い。
ギャグアニメに置いては誰かが突っ込まないと話が引き締まらなく、
視聴者に突っ込ませるパターンもあるにはあるが・・・
オチについてもエンディングや次の話につなげるものも多く
全体的にストーリーが投げっぱなしで終わっていたのは残念。
また一番気になったのは第10話。
規制なのか、なんなのかわからないのですが「痴女」という言葉を
「ちゅじょ」という風に発音しており、非常に気になった。
こういう言葉の規制は本当に意味があるのか謎ですね・・・。
(調べてみると放送局によって「ちゅじょ」になっていたようです)
全体的に可愛らしいキャラクターによるコメディを楽しむアニメだ。
ただやはり、多すぎる勘違いネタと下ネタが人を選ぶ作品になっている。
分割2期で、後期は来年の1月から全8話放送予定らしいです。
なぜ・・・全8話???(苦笑)
後期で何らかの大きな変化があった場合は再レビューしますが、
ない場合はみつどもえのレビューは本記事で完成とします。

スポンサーリンク