OVA ToHeart2

OVA ToHeart2感想

評価/★★☆☆☆(39点)

OVA ToHeart2感想

制作/カオスプロジェクト・AQUAPLUS
監督/加藤やすひさ
声優/福山潤,長谷優里奈,伊藤静,力丸乃りこほか
全13話


あらすじ

3月――寒い冬を乗り越えて、ようやくたどり着いた芽生えの季節。
幼なじみであり腐れ縁な雄二と一緒の気楽な学園生活も、ひとつの区切りを迎えようとしていた。
新しい季節が近づくにつれ、変わらないと思っていた日々が少しずつ変化してくような気がする。
新学期にウチの学校へ入学してくる、幼なじみのこのみ。
雄二の姉であり、俺やこのみにとっても姉のようなタマ姉のこと。
それだけじゃない。季節と一緒に何かがやって来る、そんな気がするんだ。
もうすぐ春がやって来る。去年とは違う春が――

スポンサーリンク

ファン向けToHeart2

本作品はToHeart2のOVA版。
基本的な設定はTV版と若干異なり、ハーレムとコメディ要素が強くなっている。
本レビューはToheart2のOVA全ての総評となります。
(全体的にそこまで違いがなかったため)
ストーリーは、脈絡もなく各種イベントをアニメ化したような感じです。
唐突に学園祭やってたり、唐突に記憶喪失になっていたり、
唐突にメイドロボが家に居たりと全て繋がりがなく個別のイベントで構成されている。
ラブコメ的展開が多数で、TV版を見たひとよりも
原作ゲームをやっている人向けの作品になっている。
その証拠に、TV版では出てこなかったキャラクターが多数出てきており
「お前誰?」状態になってしまうので原作をやっていない人には注意が必要だ、
キャラクターとの関係性などもすでに完成している。
しかし、ある意味こんなに多くのキャラクターを1つのアニメ作品で出すのはすごすぎる。
ほとんどに深みがないが、誰かしら視聴者の好みにあうキャラクターが居るだろう。
しかし、全体的に作画のレベルは非常に高い。
パンチラなどのセクシー要素もあり、ファンならたまらない出来栄えになっている。
逆に、新規キャラクターを更に出してしまい深みは相変わらず無い。
恋愛模様もOVAでは決着がつくようなストーリー展開ではないので、
あくまでも「ファン向けの作品」として楽しむ内容になっている。
OVAについては、OVA ToHeart2、ToHeart2ad、ToHeart2 adplus、ToHeart2 adnextと
かなりの量が出ているが、ToHeart2 adplusまで見た結果
どれも「ファン向け作品」の領域を出るようなものではなかった。
ただ、年々作画のレベルもあがっておりセクシー要素も強くなっていく
原作ゲームを知っていて好きならば、
TV版とは違いOVAシリーズは非常に楽しめるファン向けのアニメになっている。
ただ、個人的にはきっちりとストーリーで恋愛模様に決着を付けるような展開を
OVAの出来栄えで見たかったな・・・というのが個人的な希望です。

このアニメと似ているアニメ

スポンサーリンク