プリンセスラバー!

プリンセスラバー!感想

評価/★★★☆☆(54点)

プリンセスラバー!感想

制作/GoHands
監督/金澤洪充
声優/ 寺島拓篤,柚木涼香,豊口めぐみ,加藤英美里ほか
全12話


あらすじ

主人公の有馬哲平は、家族旅行の帰りに交通事故に遭い両親を亡くす。
哲平の前に現れたのは日本経済界屈指の実力者の祖父、有馬一心。
「わしの息子になり、有馬グループの後継者となれ!」という一言で、
哲平は社交界へデビューすることに。
哲平に用意されたのはセレブな生活と、
日本屈指のセレブな学園と評される私立秀峰学園での学園生活。
新米セレブとなった哲平の、試練と挑戦が始まる!

スポンサーリンク

逆シンデレラストーリーからナイトストーリーへ

原作はアダルトゲームな本作品。
原作の方は見た目に反して過激なプレイがあるようで売れ行きも相当よかったそうです。
アニメにいたってもちろんR18な内容はないものの、裸のシーンなどが多めではある。
基本的なストーリーは逆シンデレラストーリーとも言うべき話。
両親が突然の事故で死亡し、超金持ちの祖父に引き取られた主人公、
後継者に任命され、金持ち&貴族が通う学校へと通うことになり戸惑いつつ
ハーレム的ラブコメを展開していく。
序盤は主人公の戸惑いを楽しむことができる。
ダンス、お茶の飲み方、金持ちの世界観などに戸惑う主人公の反応は面白く
もし自分が同じ状況になったら同じような反応をしそうな感じがあり、
キャラクターも序盤で出尽くしているため、キャラクターへの感情移入をしやすかった。
アダルトゲーム原作の場合やハーレムラブコメの場合は、
主人公に好感が持てない、主人公に惚れる理由が分からないという意見がよくあるが、
本作品では意外にそういった要素はなく、自然かつ好感の持てる主人公だ。
6話での暴走っぷりはキャラ崩壊してるとも言えなくはないが・・・w
しかし、中盤から話の流れに違和感を感じた。
もとがゲームなだけに「○○ルート」という展開に入るか、
それとも「ハーレムルート」に入るかが、アニメ化にいたって脚本を格上で重要なことだろうが
本作品の監督or脚本家はその重要な部分を間違ってしまった。
アニメは現実の世界ではなく、空想のおはなし。というのは重々承知している、
しかしながらテロリストに襲われ、主人公達が刀で撃退、爆弾解体、国家紛争・・・etc
急に現実離れしすぎた展開になってしまった(苦笑)
序盤のノリや展開のままストーリーが進めばもっと面白かっただろうが、
ストーリーが進めば進むほど唖然となってしまう展開が多かった。
まさかそうなるの?という感じでしょうか・・・w
見た後に調べたのですが、
前半の部分はアニメにいたって改変された部分はあるものの原作通り、
しかし、後半のテロリスト展開はアニメのオリジナルストーリーなご様子。
制作、特に脚本書いたやつは「やっちまった」わけですorz
終盤の展開は異常なまでにテンポが早く、展開についていけない。
終わらせるためだけの展開という印象が強く残ってしまった。
全体的に序盤から中盤まではおすすめできる出来栄えだ、個人的には好きな分部類に入る。
しかし、中盤からの展開は前半部分の高く評価していた部分の脚を引っ張ってしまい
結果として作品全体評価を下げる要因になってしまった。
アニメオリジナル展開って本当に誰得なんですかね、もちろん、面白いなら文句はありませんが・・・
ただ、これは原作ゲームを売るためのアニメと考えると
「原作を売るためにも原作通りのストーリーにすることはできない
 だから、中盤からはアニメオリジナルストーリーにした!」と考えると
なるほど重々理解できる(苦笑)
人が書いた小説の中盤から、別の人物が終盤まで書けば強い違和感が生まれることは間違いない。
それを考慮すれば、原作を買うきっかけにはなった。
実際私は気になっている(苦笑)
個人的にはキャラクターや声優、作画のレベルも高くストーリーも中盤までは素直に楽しめたのですが
終盤の展開だけは釈然としない・・・人にも勧めたいが勧めにくいといえるだろう。
ただ、ゲーム原作だとオリジナルストーリーになりやすいアニメ業界は困りものですね・・・

スポンサーリンク