僕は友達が少ない

スポンサーリンク
未分類


僕は友達が少ない感想

評価/★★☆☆☆(38点)


僕は友達が少ない感想

制作/AIC Build
監督/斎藤久
声優/木村良平,井上麻里奈,伊藤かな恵ほか
全12話

あらすじ

聖クロニカ学園(せいクロニカがくえん)高等部2年生の羽瀬川小鷹は、
転校から1か月経ってもその外見が原因で周囲にヤンキーと勘違いされ、
クラスで浮いた存在であった。ある日、小鷹はいつも不機嫌そうにしている
同級生の三日月夜空が1人で楽しげにしゃべっているのを目撃。
エア友達と話していたと釈明する夜空は、友達を作るために隣人部
という部活を創部し、小鷹も無理やり入部させられることになる。



スポンサーリンク

で、結局僕とは誰のことなのか???

原作はライトノベルな本作品
2011年秋アニメのラブコメハーレムアニメ枠という感じだろうか
ちなみに原作イラストは「電波女と青春男」のブリキ。
基本的なストーリーはラブコメ。
主人公である小鷹は忘れ物をとりに教室に戻ると、
そこには一人で喋っている女子が居た、彼女はエア友達と話していたと言い
何やかんやで主人公は彼女に友達を作るために隣人部という部活に
入部させられることになり、更には理事長の娘まで入部希望してきて・・・
という所からストーリーは始まる。
見だして感じるのはキャラデザの独特さ、原作はブリキ氏によるイラストだが、
唇に非常に特徴のあるキャラデザは癖があるのだが
妙な色気も感じる個性あふれるデザインだ。
ストーリー的には一話は話の導入として面白そうな感じがあったのだが
2話でいきなりモンスタハンターのパロディネタゲームをやりまくる(笑)
キャラクターへの感情移入など何もない状態でいきなり
パロディ要素で始まってしまう点はなんとも言えない
更には後半でギャルゲープレイ、次の話ではエロゲープレイと
序盤からネタ的な要素が強い。
4話では一気にキャラクターが増える。
かなりくせのあるキャラクターが多いのだが、演じている声優さん
特に福圓美里さんが演じる「理科」はかなりインパクトのあるキャラクターだ、
あの福圓美里さんが同人誌のセリフを大声で読み上げるシーンは思わず笑った(笑)
卑猥なセリフをどうどうと喋る理科のキャラと福圓美里さんの声がマッチしており
この4話でかなりこの作品の印象が変わった。
声優さんに関して言えば、この作品は声優さんたちの実力なくして語れない。
福圓美里さんの卑猥ゼリフ、花澤香菜さんの厨二病&妹キャラ、
井口裕香さんの「うんこ」連呼キャラなど
癖の有り過ぎるキャラクターを声優さんの熱演でキャラの魅力を引き出していた。
各声優さんファンなら必見だろう。
ただストーリーは非常に単調だ。
友達がいないキャラクターたちが友だちを作るためにいろいろな活動をする
プールに行ったり海に行ったり、ゲームしたり、祭りに行ったり。
人付き合いが苦手な面々がリア充がするようなことを楽しむという内容になっており、
別に本当に友だちを作るようなことはない。
ただもう、部活内のキャラだけで「友達」になってる感もあり、
なにしてるんだこいつらと思わず突っ込みたくなる。
基本的にはイベントをこなしつつ徐々にキャラ同士の仲を深めつつ、
日常ストーリーという感じで、新鮮味のある話は少ない。
あくまでも本作品は萌えアニメとして特定のキャラに萌えられないと厳しい。
この作品ならではの魅力というのが、キャラクター意外にはない
確かにキャラクターは癖がある人物ばかりだ。
上でも書いたとおり、エロい言葉や暴言を吐くキャラも多く
人によっては嫌悪感を示しやすい癖の有り過ぎるキャラだからこそ
本作品は成り立っているとも言える。
根本的に「友達作り」が本作品のテーマだったはずなのだが、
結局はハーレムラブコメになってしまっておりキャラ萌えありきになってしまっている。
声優さんの頑張りがなければ本作品の評価はかなり下がった。
全体的に見てキャラ萌えありきなのは否めない。
オタク要素やネタ的要素の強いストーリーとキャラを可愛く魅せるための話は
萌えアニメが好きならばそれなりに楽しめるだろうが、
人によっては好みが大きく別れてしまう作品だ。
ストーリー的にも最初から最後まであっさりと見れてしまうが
起伏が少なく若干テンポも悪く同じような話が多い
水着イベントも4回ほどあり、ゲームをするというイベントも2,3回あった
同じような話を繰り返しているような印象もあり、
もう少し別の角度でキャラを描いて欲しかった。
最終回も確かに大きな変化があったのだが、
これからようやく物語が面白くなる!と言う所でふわっと終わってしまった感じだ
見た後にこのアニメの印象が残りにくい。
見ている間には可愛い癖のあるキャラのおかげで見れるのだが、
最終話見た後「あ・・・終わった・・・」と何かしっくりこない。
2期楽しみだなっ!と思うようなこともなく、
このアニメで何がしたかったのか、方向性が最後までつかめなかった。
個人的に一番気になったのは主人公の一人称が「俺」なのに
僕は友達が少ないというタイトルになっているという点。
俺は友だちが少ないじゃなく、なぜ僕は友達が少ないなのか。
僕はどこにいるのか、それが非常に気になります・・・
2期があれば解決するのでしょうか(苦笑)

コメント

  1. anilog より:

    僕は友達が少ない/ブログのエントリ

    僕は友達が少ないに関するブログのエントリページです。