はたらく魔王さま!

評価/★★★★☆(72点)

はたらく魔王さま! 評価

全13話
監督/細田直人
声優/逢坂良太,日笠陽子,東山奈央,小野友樹,下野紘ほか

あらすじ
かつて、魔王サタン・ジャコブ率いる「魔王軍」は聖十字大陸エンテ・イスラを席巻していたが、勇者エミリア率いる「反抗軍」に追い詰められ、腹心の悪魔大元帥アルシエルと共に異世界へつながるゲートへの撤退を余儀なくされる。ところが、ゲートの向こうに広がる異世界とは、現代の日本であった。

スポンサーリンク

魔王のスマイル0円になりまーすw

原作はライトノベルな本作品。
未来日記の監督を務めた「細田直人」やシュタインズゲート、ヨルムンガンドなどを
制作したWHITEFOXがアニメーション制作を担当している

基本的なストーリーはコメディファンタジー。
魔王軍と勇者率いる人間が戦っている世界があった、
しかし、魔王軍は魔王城まで攻め入れられ泣く泣く異世界へと撤退した
その世界は魔力のない現代の日本だった
魔王は日本を征服するため「アルバイト」に励むことになる
という所からストーリーは始まる

始まって早々激しいファンタジー世界の戦闘が描かれている
王道なファンタジーである魔王と勇者の戦いは迫力があり緊迫感がある
それ故に唐突に魔王とその配下が魔力のない「現代の日本」に逃げたことで
物凄いシュールな世界観へと変化している(笑)

さっきまで激しい戦闘をしていたのに、その直後に警察に保護され
「かつどん」を食べるシーンなどシュールすぎるw
日本で住むために「戸籍」と「住民票」を手に入れ「銀行口座」を作るなど
ファンタジー世界の魔王が現代の日本に住むことになったという設定の
細かい突込み所をきちんとギャグにしつつ埋めていく
あまりにも丁寧すぎて逆に笑えてくるw

そして魔王とその配下の日本での生活が始まる。
そうなると「魔王の威厳」はどこへやら(笑)
マグロナルドできっちりとバイトをこなし、地域売り上げナンバーワンを目指す、
一方で魔王を追ってきた勇者はコールセンターで働いている始末w

ファンタジー世界の魔王と勇者、そこに魔力のない現代の日本という設定と世界観が
シュールなギャグをどんどんと生んでおり、
更にそこに「ファンタジー要素」をしっかりと入れてくる。
物語序盤から伏線や気になる内容をどんどん入れ、魔王の生活に笑いながらも
ギャグ部分とファンタジー部分の両方をバランスよくストーリーを進める

更にラブコメ要素。
魔王と人間の女子高生である「千穂」のラブコメ展開は「千穂」が非常に可愛らしく
ベタなシーンや展開ではあるのだが、東山奈央さんの演技のおかげもあり
思わずニヤニヤっと出来る展開ばかりだ
勇者も女性キャラだが、現段階では魔王には恋愛感情はないのだが
無乳を指摘されたり、はだけたシャツを指摘され赤らめる様子など可愛く描かれている

そんな3つの要素がうまく絡み合い、ファンタジー要素でガチガチな展開になり
シリアスになっても、きっちりとギャグを入れつつ、展開を重くさせず
日常描写がしっかりしているからこそキャラクターへの感情移入が強まり
シリアス展開やラブコメ展開をきっちりと楽しまさせる

更にラノベ原作にはあるまじく、伏線を引っ張り過ぎない。
序盤で出来た伏線を中盤辺りできっちりと回収し物語を展開し、
「物語序盤で作った伏線を終盤まで引っ張る」という最近のアニメにありがちな展開がなく
ストーリーが複雑になりすぎず、物語がスッキリしている。

引っ張りまくった伏線で物語をもたせるのではなく、
起承転結スッキリしたストーリーとしっかりしたキャラクター描写で
物語の面白さを創りあげており、素直に面白いといえる作品だ
伏線かと思った要素が意外な形でギャグとしてあっさり明かされたりする展開も有るのだが、
その「あっさりさ」が本作品をスッキリ楽しめる要因だろう

全体的に見てすっきりとした面白さのある作品だった。
魔王と勇者というベタなファンタジー要素から一変、
現代の日本でバイトしながら暮らすというシュールな世界観と設定によるギャグ、
その両方がメリハリよく描かれているためキャラクターに感情移入しやすく
引っ張り過ぎない伏線がテンポよくストーリーを楽しまさせる。

戦闘シーンに関しても1話冒頭や終盤のシーンはきっちりと描かれており、
特に終盤の「魔王」の魔王らしい戦闘シーンは。
戦闘シーンなのに笑ってしまうほど迫力があり、
その迫力が「魔王怖いw」というような笑いにも繋がっている
シリアスな戦闘シーンのはずなのに常に脇腹をくすぐられるような、そんな感覚のある作品だ

伏線を引っ張っていないため1期もすっきりと終わる。
もちろん2期を見たい気持ちはあるが、まるで長編ファンタジー小説シリーズが完結したあとの
定期的に出される短編ファンタジー小説のような、手軽さを感じられる作品だ
今後の展開によっては長編ファンタジーのようなストーリー展開になるのかもしれないが
逆にこれだけキャラクター描写がしっかりした後だと、そういった展開も楽しみだ

だが逆に最終話があっさりと終わってしまったのが残念で、スッキリと終わってはいるのだが
あまりにも「あっさり」と終わってしまい1つの作品を見終わった感が薄い
ただ、その分、純粋に2期が早く見たいと感じさせる最終話だったといえる

個人的な感覚になるがラノベ原作ではあるが、
あまりラノベ臭を感じさせない珍しい作品だった
どちらかというとガンガンなどでやっているような漫画っぽさも感じさせる
不思議な空気感とニュアンスを醸し出している作品だ
早急に2期を期待していますw

余談だが2期ではマクドナルドとのコラボを期待したい(笑)