「UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~」レビュー

2018年1月6日

評価 ★☆☆☆☆(10点) 全12話

あらすじ 700年の年月を生きる真祖にして不老不死の吸血鬼・エヴァンジェリンを初めとして、何らかの方法や境遇によって不老、もしくは不死といった力を得てしまった者達の物語引用- Wikipedia

センスの古さを隠しきれていない

原作は漫画な本作品。
週刊少年マガジンで連載していたがタイトルが変わり別冊少年マガジンで
現在連載中。ネギま!の作者でおなじみの赤松健。
監督は鈴木洋平、制作はJ.C.STAFF

見出して感じるのは懐かしさだ。
タイトルにもある通り、この作品は「ネギま!」と同じ世界の作品であり、
いわゆる続編的な立ち位置の作品だ。
それだけに冒頭はネギま!である。

変わらない声優陣と懐かしヒロインたちとネギ先生による
「ベタベタな」なマガジンらしいセクシーシーンは凄まじいまでに懐かしく、
「雪姫」の視点を通して80年の月日が流れる
この冒頭の始まりは「ネギま!」を見たことがある、読んだことのある人ならば
非常に懐かしく、素晴らしい物語の始まり方だ。
UQ HOLDER

そして流れる「ハッピー☆マテリアル」。
あえて旧アニメのOPをカバーし2期のOPとして利用する形は、
ファンにとってはたまらないだろう。

しかし、本編が始まると肩透かしを食らう。
なぜか主人公を女性声優が演じている。
前作のネギま!は小学生のような外見であるために女性声優でも問題がなかったが、
今作は田舎の中学生のような普通の少年だ。
キャラクターの外見やセリフと声があっておらず違和感強い。

演じている高倉有加さんの演技力不足も感じる。
TVアニメでは主人公を演じたのは初めてあり、名前のあるキャラを演じた事も少ない。
そんな人が無理して少年の声を出している感じが強く、
バトルシーンでの叫びの演技や決めのシーンでの声の張りなどが甘く、
決めシーンなのに決まらない。

赤松健作品らしい肌色成分多めのセクシー描写も多いのだが古い。
こだわりを余り感じない、ただ「脱がしているだけ」なセクシー描写は、
昨今のアニメと比べて刺激があまりにも薄く、
この程度のセクシー描写は今更感が強い。

そもそもストーリー展開や見せ方が古い。
王道といえば聞こえが良いが、王道というよりはベタであり、
使い古されたストーリー展開を見せられている感じが強く
「どこかでみた」ことのある要素も多く、見てて単純に飽きる

不死身になった主人公が同じような不死身な仲間とともに、様々な任務をこなす。
というのが基軸のストーリーではあるのだが、
その基軸を何処かで見た展開でみせているだけに過ぎない。
ご都合主義もひどい。

主人公がピンチ→不死身の力を手に入れました!
主人公が封印されて大ピンチ!→謎の力に目覚める!

ご都合主義でも展開に説得力や伏線を感じられるなら良いが、
見せ方が悪くご都合主義だけが目立つ。
UQ HOLDER

序盤から中盤までは前作とのキャラや関係性は合ったが、
前作を見ていなくとも問題のない部分が多い。
だが、中盤からのストーリーは「ネギま!」の続編としての意味合いが強く、
前作を見ていなとついていきづらい展開も多い。

話が進むとハーレム要素が強くなってくる。
ラブひな、ネギまとハーレム要素が強い傾向が原作者にはあるが、
この作品の中盤くらいまではそこまでハーレム要素がないだけに、
終盤からいきなりハーレム化してくる。

それが雑だ。
いわゆる「チョロイン」なヒロインが多く、出会って2分位で
もう主人公のことを好きになっているヒロインも居る始末だ。
後半に出てくるキャラほど掘り下げが浅すぎる。

終盤のストーリーはごちゃごちゃしすぎだ。
特に最終話など投げっぱなしにも程がある終わり方であり、
結局何がしたいかよく分からずに終わってしまった。
UQ HOLDER

総評

全体的に見て駄作だ。
「UQHOLDER」、不死者を題材にした部分を中心にストーリーが展開している
序盤はそれなりだが、中盤以降はネギま!の要素を出しすぎて
UQHOLDER要素がどんどんと薄まってしまい、結局ネギま!でおわる。

不死者同士のバトルは「不死」だからこその容赦ないグロ描写のある
バトルシーンになっており、それがこの作品の特徴でもあり、
前半までは見ごたえのあるバトルを見せてくれるのだが、
終盤では作画が息切れしておりバトルシーンの面白さもなくなる。

いろいろな特徴を持つ不死をどうやって攻略するかというのも
掘り下げれば面白そうな要素ではあるのだが、
掘り下げずに結局、ネギまに夢中だ。
UQ HOLDER

ネギま!が好きな人、見ていた人ならば楽しめるかもしれないが、
色々とキャラクターの変化やその後も色々なことになっており、
終わった作品を引っ張り出してかき回されるような感覚になるかもしれない。

ネギまを含めてリメイクし4クールくらいでがっつりと
「ネギま!」を完結させるためにアニメ化したら面白かったかもしれないが、
結局、中途半端に過去の人気作品に頼っただけの作品になってしまっていた
UQ HOLDER

個人的な感想

個人的には何とも微妙な作品だった。
話が進むほどUQHOLDERのキャラクターの登場や存在価値が薄くなり、
ネギま!のキャラが出てくるたびにどんどんとUQHOLDERが食われ、
作品の面白さも失われていった。

これがネギま!のやっていた2003年くらいでネギまの後にやれば
古さなども感じずにもう少し素直に受け入れられてかも知れないが、
流石に2017年の作品としては所々感じる古さと
使い古された内容に見ていて飽きてしまった。

原作はまだ続いているが、果たして2期はあるのだろうか?
何度もアニメ化してはやらかしているが、
何度目かの正直で2期が化けるかも・・・しれない(苦笑)

UQ HOLDER!~魔法先生ネギま! 2~ Blu-rayBOX
キングレコード (2018-01-31)
売り上げランキング: 4,014