R.O.D

2010年1月1日


R.O.D感想>



R.O.D感想
R.O.D感想

ROD
★★★★★
紙アニメここにあり
まさにそのなの通り紙アニメ。
OVA版では「ザ・ペーパー」読子・リードマンと、
突如街に現れた偉人と呼ばれる異能者たちとの壮絶な死闘を描く
TV版ではOVA版の5年後の設定であり、直接の続編。
主人公はミシェール、マギー、アニタの紙使い三姉妹で、
彼女らとねねねの出会いから物語は始まる。読子は後半から登場。
このアニメ、非常におすすめできるアニメの1つ。
OVA版では謎のままで終わることが多く、OVAだけだったら
普通のアニメで終わっていたかもしれない。
しかし、のちのTV版でのストーリー展開でOVA版での謎やキャラクターの変化
(味方だったはずのキャラがもろ敵になっている)
また、作画の素晴らしい回が多かった。
(後半は作画が荒れるなどの問題もありましたが)
キャラクター一人ひとりが生きている作品だった。
後半の衝撃の事実のあたりから涙なくては語れないひとりひとりの心情と、
声優の素晴らしい演技。
アニタ・キングを演じた斎藤千和さんのあの泣きの演技には
賞賛の言葉しか見当たらない。
最終回まで一気に見てしまう素晴らしい作品でした。
見たことのない方、ぜひ、紙アニメをご覧アレ