錬金3級 まじかる?ぽか~ん

2010年5月16日

錬金3級 まじかる?ぽか?ん感想


錬金3級 まじかる?ぽか?ん感想
錬金3級 まじかる?ぽか~ん
★★☆☆☆
訳アリで魔界から人間界にやってきた4人のプリンセス・「魔法使いのゆうま」、
「ヴァンパイアのパキラ」、「オオカミ少女のりる」、「人造人間の鉄子」が
繰り広げるドタバタコメディー。

萌作品
ストーリー性がまったくない純粋な萌えが中心の作品。
1回の放送の中で、AパートとBパートで違う話で構成されるため
1話12分ほどで、24話構成になっています。
訳ありで人間界に来た4人の萌えっ子が中心でドタバタコメディを行い
パンチラや、若干の裸描写などもありつつ、
軽いギャグで最終話まで突き進んでいた。
声優さんも非常に良く作画やキャラクターデザインはそこそこで、
純粋な萌えを愉しむには非常に良質なアニメですが、
逆に萌え意外には何も無い。
ギャグはクスッと楽しめるものが多く、爆笑といえるまでには行かない。
あくまでも癒し系萌えコメディアニメであり、キャラ萌え作品でしか無いのは非常に残念、
「訳あり」で人間界に来ているはずなのだが、その訳が不明で終わってしまう
簡単に言えば萌えキャラを使ったコントであり、それ以上でもそれ以下でもない。
キャラクターと雰囲気を気に入れば最後まで見ることができるが、
気に入らなければおしまいと言う感じで、非常に人を選びます(苦笑)
肩の力を抜いて楽しむ作品であり、
私のように真剣に見てしまうと微妙な印象しか残らず・・・
当たり外れの多いギャグと下ネタで人を選ぶが、
ハマればハマるほどハマってしまう、そんな魅力を秘めている作品でした。