はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~

2017年6月18日

はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~感想


はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~感想
はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~
★☆☆☆☆
七福神を題材としており、七福神の能力を宿した少女達と少年の集団
「はっぴぃセブン」とその仲間達が悪神を倒すという物語。
七福神の萌え擬人化
三国志や空き缶など様々な萌え擬人化アニメがたくさんありますが
それなりに面白く、駄作!と呼ばれるものは少ないのですが・・・
本作品はかなりの駄作。
七福神をはっぴぃセブンとし、変身美少女戦隊物として活躍して良くアニメ。
第一話からかなりのスピード展開で、いきなり7人全員登場(笑)
あまりの展開の速さに一瞬ついていけませんでしたが、
名前もキャラの描き分けも微妙なので、最後まで覚えきれませんでした
基本的にはハーレムアニメで、七福神の力を宿した美少女が
弁財天の力を宿してる男を好き。
まあ、ベタ中のベタです。
全てのキャラクターに無理矢理な個性付けをしている点は
制作が同じの「こいこい7」の悪夢を思い出しました。
(設定も類似点が多い)
はっぴぃセブン達が厄払いをするのを面白おかしく描きラブコメ展開をしてくのですが
これがまぁ、どこかで見たような話ばかりで面白みが無い。
声優が豪華なのに全てを生かしきれていない。
むしろ、この作品で褒められる点は声優だけで他は評価出来ません・・・
最終話も中途半端な終わり方をしており、全体的に印象が薄い。
具沢山お味噌汁なのに、肝心の味噌が薄すぎる感じです(苦笑)
変身美少女もの、男キャラがほとんどでないアニメをご所望の方にはおすすめしますが
声優目当てじゃなければ、見るのは非常にきつい作品でした。
(個人的に金朋さんが出ているのが救われたw)