かんなぎ

未分類

かんなぎ感想


かんなぎ感想
かんなぎ
★★★☆☆
美術部員の御厨仁は地区展に作品を出すため、手彫り製の精霊像を作っていた。
すると突然砕け散った精霊像の中から少女が現れた。
少女は自分のことを「神」だと言っているが……

夫婦漫才
木彫りの像から、なぎが現れるシーンはかなり印象的でした。
偶像の実現化シーンを的確に書いたアニメは「かんなぎ」くらいかもしれません。
基本的には神様である「なぎ」と主人公である仁のラブコメであり、
更には仁のハーレムアニメでもあります。
この手の一人の主役男キャラに好意を持つ女性が3人以上現れるのは
珍しいパターンではなく、若干あきられ気味の典型的ハーレムパターンですが
キャラクターが非常にいい。
神様であるナギは、神であるが故の人間界の常識の無知さも可愛らしく
お菓子好きな所や高飛車な感じは非常にいいキャラクターでした。
更にはもう一人の神様であるざんげちゃんは、
ローカルアイドルという立場らしい何とも面白い存在。
主人公に対する大胆な行動や、歌がヘタという終盤の設定はキャラが立っていましたが
もう1つパンチが欲しかったところ。
そして極めつけの幼馴染キャラの青葉 つぐみ。
この子は非常に良かった、幼馴染キャラクターという典型的でありながら
あまり萌えアニメの中では生かしきれていない感じのある設定を
最大限の生かし、魅力的な存在感を出している。
しかし、肝心のストーリーはラブコメで展開していき、
なぎは本当に神様なのか?ざんげちゃんの正体は?というような伏線はあるのだが
全13話ではまったく回収しきれていない。
その伏線も気になりはしますが、すごい先が気になる!というような感じはしないので
微妙なところ。
また、原作は例の騒動(純潔騒動)で休載しており
2期を望めるのか微妙な状態・・・。
2期が放映され、ちゃんと伏線が回収される可能性があるなら
もう少し評価は上がるのですが、伏線やストーリーがあるのに
完結しない作品は必然的に評価を下げてしまうのは仕方ありません。
ただ、青葉 つぐみやホモ疑惑の響 大鉄などは非常に良いキャラクターなので
あまり深入りしないように楽しむにはオススメのアニメです。(苦笑)

「」おもしろい?つまらない?

この作品をどう思いましたか?あなたのご感想をお聞かせください