超重神グラヴィオン

超重神グラヴィオン感想


超重神グラヴィオン感想
超重神グラヴィオン
★★☆☆☆
西暦2041年。突如現れた、正体不明の敵「ゼラバイア」が地球に迫っていた。
ゼラバイアの地球侵攻を予見し、密かに対準備を進めていた謎の大富豪、
クライン・サンドマンは武装戦隊「アース・ガルツ」を率いて、ゼラバイアに立ち向かう。
アースガルツが所有する人型メカ「グランカイザー」に4台の戦闘機「グランディーヴァ」が
合体することで巨大ロボット「ゴッドグラヴィオン」が誕生する。
ゴッドグラヴィオンは、その強大な力でゼラバイアを撃退する。だが…。
なに!?きかないだと!?
OPはJAMPROJECTが歌っており、ロボットのデザインも悪くはない。
さぁ!熱血を!!と思いきや・・・
裏切られる形になりましたorz
序盤、グラヴィオンと敵が戦う。
次の話、グラヴィオンが使っていた攻撃が敵に効かなくなるが、別のワザで倒す。
次の話、其の別のワザも効かなくなったので、更に強いワザで倒す。
この繰り返しが暫く続きます・・・。
肝心の戦闘シーンはお世辞にも動きがいい、
作画がいいとは言えず、戦闘の迫力が足りなさすぎる。
更に登場人物は異常に多く、女性キャラは完璧に記号的な萌えキャラと
多すぎるメイドなど、もう見てられませんでした。
登場人物の多さをうまくストーリーで行かせておらず、
一部のキャラクター以外には感情移入出来ず、
主人公も二人いるような感じなのでストーリーも深みが足りない。
本作品は続編もあり、1クールの13話では伏線のこしまくりの状態。
全体的に、様々なロボットアニメのパロディなんじゃないのか?と言えるほど
オリジナル性に乏しすぎる・・・。
ロボットアニメのパロディ+大量の萌えが本作品であり
燃えを期待した時点で駄作になってしまいます。
途中で「燃えアニメ」を見る姿勢から「萌えアニメ」を見る姿勢に変えたのですが
変えた瞬間に「燃えアニメ」に戻るので非常に複雑な気持ちまま終わってしまいました。
はっきりいえば、燃えと萌えが調和していない。
Zweiに期待しますが、「萌えアニメ」を見る姿勢じゃないと辛いかも・・・。