DearS

2010年4月11日

DearS感想


DearS感想

DearS
★★☆☆☆
宇宙よりUFOが不時着した日本。
故郷に帰ることが出来なくなった宇宙人達を
「ディアーズ」と呼称して、彼らをホームステイで迎え入れるようになる。
そして、幾原武哉のもとに美少女ディアーズ、
レンがやってきて、居候として武哉のアパートに住むことにした。
が、本来ディアーズは奴隷として他人に尽くすために作られた種族だった。
さらにレンには大きな問題が…。

宇宙人萌え
雰囲気としては、アキカンやちょびっツに近いものがあります。
何も知らない宇宙人に、色々教えて行く序盤は非常に可愛らしく、
メロンパンの食べ方は、個人的にはシャナを超えているかと。
ただ、基本となっている奴隷とご主人様要素が
中盤以降あまり生かされておらず、
一部のキャラクターが生かしきれてない。
その一部のキャラクターにかなり問題がある。
まず、担任の女教師、ところかまわず、エロい衣装で登場するんですが、
物語として必要な人物だったか謎です。
たぶん、エロ要素要因だったのかもしれませんが
あれはヤリ過ぎのうえ、狙いすぎてましたね。
そして妹、暴力的すぎます・・・。
あった瞬間に固め技しかけてきたり、妹ツンデレキャラなんだろうけど、
やりすぎ感が過剰でした・・・。
ただ、その一部のキャラクターを除けば
宇宙人であるレンやミゥは可愛らしく、地球の知識のない
可愛げのある宇宙人の感じはよく描けていました。
アニメ全体として、奴隷とご主人様というキーワードが出てきますので、
そういう言葉自体が嫌いな人は受けいられないかもしれません。
それに、最終話付近の展開は非常に無理矢理過ぎて、
非常に持ったいないです。
どうせやるなら、もう少しちゃんとやって欲しかったですね(苦笑)
とりあえず、アニメ化したという印象が残ってしまいました。

スポンサーリンク