ヨスガノソラ

ヨスガノソラ感想

評価/★☆☆☆☆(18点)

ヨスガノソラ感想

制作/feel.
監督/高橋丈夫
声優/下野紘,田口宏子,阪田佳代,いのくちゆかほか
全13話


あらすじ

両親を突然の交通事故で亡くした双子の兄妹の春日野 悠と春日野 穹は、それまで住んでいた都会から離れた山里にある奥木染町(おくこそめちょう)へ移り、かつてその地で医者を営んでいた亡き祖父の家かつ父の実家で、兄妹2人の生活を始めることとなった。
以前遊びに訪れた際に知り合った依媛 奈緒や天女目 瑛との再会、新たな友人たちとの出会い、そして手の掛かる妹との生活。穏やかな時間の中で、やがて悠は自分の本当に大切な存在に気付いていく。

スポンサーリンク

土壌違う

今期、ある意味で一番話題になったであろう本作品。
原作は18禁ゲームです。
基本的なストーリーは恋愛もの。
アマガミSSと同様にオムニバス形式の制作方式をとっており、
何話か進めたあと、少し前に時系列を戻し別のヒロインとのストーリーを展開させている。
この方式はまさにゲームのセーブ&ロードの感覚を強く感じるものだった。
序盤はは両親が亡くなり、昔住んでいた田舎に主人公とその妹が
引っ越してきたところからストーリーは始まる。
一話の段階で主人公の顔が可愛いのもあり、ほとんどの女子が主人公を見て顔を赤らめる。
そして3話を堺にストーリーは各ヒロインのオムニバス形式へと変わっていく。
ただ、本作品が最も話題になった点は露骨すぎるエロ描写だ。
他作品が着エロや微エロ、フェチ的なシーンなどで抑えているのに対し、
本作品は「本番」をヒロインと主人公がやっちまっています。
もちろんモザイクがかかるようなモロな描写はないにしろ、
そう思わせる動きや裸、乳首などの描写など過剰なまで描かれている。
ただ、ここまでの描写が必要だっただろうか?
基本的なストーリーはそこまで悪くはない、
キャラクター毎の悩みは過去などの事情は練られており、
エロ描写があそこまで過激じゃなくとも見れるストーリー展開は数多くあった。
前半の二人は、お風呂や裸、下着などは他のアニメでもあるので
描写しても問題はないと思うが、やはり本番のシーンは必要ない。
敢えて描写せずにキスぐらいで押さえてもストーリー的には問題はなく、
それなりにきっちりまとまっているストーリー展開になっていたはずだ。
しかし、逆に後半の二人に限っては描写が必要かもしれないシーンはいくつかある。
ヒロインのトラウマや、妹という背徳感を煽るために描写するのは悪くはないが
必要以上に多く、かなり修羅場な展開も多く含まれている。
ある意味、昼ドラ的なストーリーにもなっていた。
ただ、「アマガミ」のオムニバス形式に比べると全話、締めが弱い。
一応はハッピーエンド的な終にはなっているが、終わった感じが中途半端
(アマガミのように結婚などの恋愛の結末の描写が薄い)
まさにゲームのイベントをつなぎあわせた印象が強く残ってしまったのは
低評価に繋がってしまった。
いや、でも、制作側ももうわかっててやってるのはわかる。
ストーリー性は、必要がない必要があるに限らずに「売る」ために
エロ描写をバンバン盛りこみ、DVDを売りたいんだろう。
肌や乳首や舌などの描写はあくまで、エロくみせるための作画になっている
他のアニメの場合は「サービス」としてのセクシーシーンだが、
このアニメの場合は「本業」としてのセクシーシーンの数々になってしまっている
これでは「エロアニメ」と言われても仕方ない内容だ。
確かに、あの本番描写が無ければ、ソレナリの話題にしからなかったアニメかもしれない。
しかし、ここまで露骨だと「もうエロアニメでやれば?」と思ってしまう内容だ。
ネットでの意見を見ると「地上波でやることに意味がある」という意見もあったが、
東京都のあの条例が話題になっている状態で、
後押しするかのような本作品はアニメを作る会社としてどうなんだろう?
これがOVAという媒体で発売するなら私は、もっと評価を上げただろう。
だが、地上波で流すことで評価をガクッと下げてしまっている
敢えてたとえるなら、地上波のアニメがボクシングという媒体なら、
このアニメは選手のグローブに鉄を仕込んで戦わせている。
ズルイといえばわかりやすいかもしれませんが、
他のアニメ会社や、漫画などを作っているところが
「サービス的なエロ描写」で押さえて頑張っているのに対し、
本作品は「エロ描写で売る」ということしか無い。
この作品が規制されるのは構わないが、他のアニメまで規制されたらかなわない。
制作会社は自分たちが地上波でこの作品を放送することによる世間の影響を
少しは考えていただきたい。
ただ、この作品自体は面白いと感じた。
意外と練られているヒロインの過去と主人公の関係性や、
その過去やトラウマなどを主人公と共に乗り越えていく様は、
1つのストーリーとして「見れる」ものになっていた。
エロ描写がなかったら、私は普通以上の評価した作品だと感じました。
それだけに、ここまで強い性描写や露骨すぎるエロ描写を地上波でやることで
評価をここまで下げてしまいました。
普通以上の評価のストーリーや脚本、作画を露骨すぎる描写がすべて上書きしてしまっている。
そんな印象を受けてしまいました。
結果として、1年後にはストーリーやキャラよりも
「ああエロイやつね」という印象しか残っていない、非常に残念な作品です。
個人的には序盤の二人はそれなりに楽しめましたが、
後半の二人は露骨な描写や修羅場も相まって引いてしまっているところが多かったです。
2期の可能性はないでしょうが、作り直したりOVAや、
もしくはエロアニメとして作られたら逆に見てみたい作品ではあります。

スポンサーリンク