魔乳秘剣帖


魔乳秘剣帖感想

評価/★☆☆☆☆(12点)


魔乳秘剣帖感想

制作/フッズエンタテインメント
監督/金子ひらく
声優/寿美菜子,豊崎愛生,水原薫,能登麻美子ほか
全12話


あらすじ

時は、江戸時代。そこには「乳こそこの世の理」という考えがあり、
政権を支える絶対的な権力を振るう幕府には豊かな胸を育むための門外不出の
秘伝書を持つ一族がいた。一族の名は、魔乳一族。そんな一族と頭首の考えに
疑問を持った末娘・魔乳千房は、楓と共に理不尽な考えを正すべく
秘伝書を持ち出し、里を出奔する。




規制の嵐っ!

原作はのアダルトゲーム雑誌で連載されている漫画、
監督は聖痕のクェイサーでお馴染みの金子ひらくによる作品だ
始まって一秒も立たないうちに光規制が入る(笑)
説明しなくても、このアニメがどういった内容なのか一目瞭然んだが、
あまりにも早すぎる規制のは入り方は、恐らく全アニメの中でこの作品くらいだ
思わず、びっくりして一時停止してしまった。
更には一時停止解除したら「ほぉ~!噂通りいい乳を持ってるじゃないか!」と女性キャラ、
・・・何だこのアニメw
ストーリー的には紳士アニメ+時代劇アニメ
呆れるほど乳にこだわり、作品の世界観の根幹が乳。
「乳こそこの世の理」という考えが広まっている江戸時代を軸にし、
馬鹿エロ+真面目な以外に時代劇ストーリーを構成している
ただ、バカエロの割にはかなりドン引きする内容が多い。
例えば乳狩りという描写、その名の通り乳を狩る。
一話冒頭で刀で切ろうとしたり、SMのように拘束して切ろうとしたり、
と、正直、光規制が入っている分「残酷」な想像をしてしまい
巨乳だったものが貧乳になるというだけの乳狩りという描写がドン引きの要素になっていた
更には一話終盤では、主人公が切った相手の乳の分、自分の乳が大きくなるという
意味不明な特殊能力を持っていたことが明らかになる。
その描写も、エロアニメでやれば面白くエロく描けたのかもしれないが
地上波でやるアニメとしては「・・・・」と呆れるしか無い
地上波で流す馬鹿エロの範囲を超えている、
聖痕のクェイサーは乳を吸うという要素でマトリックスもびっくりな
乳吸アクションを見せて「馬鹿エロ」とストーリーの真面目さというギャップで
独特の面白みを生んでいたが、本作品は馬鹿以前に呆れが生まれてしまい
見れば見るほど、規制のひどさもあり見たくなくなる。
いい加減光規制には飽きた。
それこそ一部分をうまく隠しているなら問題ないのだが、
全く見えず何をやっているのか想像でしか補えないような光規制は
紳士アニメにありがちな「売るため」の戦略であることは分かるのだが、
もういい加減その戦略には飽きた。
この作品は特に酷い、着衣の横乳ですら規制が入っていたりするわ
ただキャラが立っているだけで光が入ったり(服は着てる)
見ていて見づらく不愉快極まりない。
更には声の規制、喘ぎ声を規制しているのは分かるのだが
その間、あるキャラは喋ってるのにあるキャラは口は動いてるのに無言という
一瞬「あれ?なんかヘッドホンおかしいのか?」と感じるほどの違和感は、
製作のアニメを魅せる努力を感じない。
声が規制されて無音になるたびに、本当に苛立ちを感じた
ストーリー的にもかなり厳しい。
「乳こそ全て」という価値観の世界で、その価値観に疑問を持った主人公が
胸盛の里を目指すというアニメで、基本的に一話完結で時代劇ストーリーを展開する
この時代劇ストーリーはベタでありながら、割と無難に作られており
乳こそ全てではない!と訴える主人公のストーリーは悪くはない。
だが、その根本の「乳こそ全て」の世界に生きるキャラクターたちに
一切感情移入することは出来ず、妙に冷酷に描かれたシリアスな部分が
貫き通すべき馬鹿エロを邪魔している。
その割には口を開けば「乳おっぱい胸」の連続、これが1クール続く(苦笑)
OVAなどで全3話ならば、このまとまった王道な時代劇ストーリーと
馬鹿すぎる設定と乳のエロさ(規制なし)でもっと見れる作品になったかもしれないが
流石に全12話、乳おっぱい胸だらけのセリフと規制まみれの映像はしつこすぎる。
紳士アニメが練乳のかかったイチゴだとするのなら、
本作品はたった一個のイチゴに練乳を5本くらいかけて食べさせられているようだった。
全体的になんとも言えない作品だ。
確かに強烈なキャラクターのおかげで、しつこすぎる乳要素と規制を緩和できているが
ストーリーも襲ってくる敵も何もかも乳、笑いやえろい!という感情の前に
「苦笑」という感情が襲ってきて、苦笑しながらまた乳が襲ってくる。
エロアニメが作りたいならどうぞ、18禁アニメをどうどうと作ればいい。
もう、この手のアニメは新鮮もなく、正直呆れる。
こういった規制アニメでも見せ方次第では面白い。
規制の方法を「光」ではなく、演出次第では不自然さを感じずに作ることせずに、
敢えて光規制にして
「ここにエロ要素がありますっ!DVD買うと外れますよ!」と言わんばかりのアニメは
正直、地上波で放送するアニメとしては終わっている。
聖痕のクェイサーの監督だからもう少し期待したのだが、
製作の思考が「エロを光で規制する」という時点で止まっており、進化も進歩も何も見えない。
思考が停止してしまったクリエイターに今後期待することは厳しい。
実際、内容がなくとも売れやすい紳士アニメではあるが
本作品は第一巻が3000枚と普通。
最初からOVAや18禁アニメとして製作されば、もっと高い評価ができたかもしれないが
あざとまでの規制はいい加減にしていただきたい感じだ。
個人的には鳩宗公は気に入ったのだが(笑)、
規制の強すぎる放送版では評価する価値がない。
DVDが全巻出た後に再レビューすることにしたいと思います。