なぜ全4話で放送するのか?「七つの大罪 聖戦の予兆」レビュー

2016年9月18日

評価★★☆☆☆(35点)全4話
1303

あらすじ 王都奪還の戦いから数日後、復興作業が進むリオネス王都。
〈豚の帽子〉亭にも平穏な日常が戻ってきたが、ひょんなことから、ホークが飛び出して行ってしまう。引用 – Wikipedia


スポンサーリンク

なぜ全4話で放送するのか?

本作品は七つの大罪のテレビスペシャル作品。
なぜか全4話構成でテレビ放映されるという意味がわからない放映スタイルであり、
一応2期決定の宣伝という感じなのだろうか?
なおTVアニメ完全オリジナルストーリーとなっている。

見だして感じるのは明るさだろう。
全4話構成だからこそ大きなストーリー展開をすることができず、
あくまで「キャラクターたちの日常」を明るく描いている。
シリアスな雰囲気になりそうになってもギャグ的な感じに終わることが多く、
終始明るい。

そしてセクシー要素。
1期では健康的な少年漫画的セクシーシーンが多かったが、
2期は同じようなセクシーシーンでもやけに描写に気合が入っている。
さり気なく見える「下着」や胸の描写など、
妙に肉感的に描かれており、結構なエロさになっている。

ただ、わざわざテレビ放映する意味がよくわからない。
内容的には完璧に「OVA」であり、OVAをテレビ放映しただけのような感じであり。
「七つの大罪」という作品が好きな人、ファンならば楽しめる内容だが、
逆に言えばファンでなければ楽しみにくい作品だ。

戦闘シーンなどもあり、激しく描かれてはいるものの、
基本的に日常ストーリーのため戦闘はそんなに長くは描かれない。
各話ごとに各キャラクターにスポットをあてた
ストーリーを展開しているのは悪くないものの、
あくまでも「OVA」的内容で収まっている。


全体的に見てあくまでファン向けのOVAの内容を
テレビ放送しただけの作品だ。
ファンならば楽しめるが、ファンでないなら楽しめない。
これでOVAならば素直に評価できる部分もあったのだが、
TVスペシャルと銘打っている作品としては物足りなさを感じてしまった。

あくまでも各キャラクターのファンがキャラクターの日常を楽しむ為のものであり、
2期への布石的なストーリーもやや含まれるものの、
恐らくは見ずに2期を見ても問題のない内容だ。
少なくとも2期は来年の夏や秋くらいだろう、
忘れられないようにブランク期間を短くしたかったのか、
それとも大人の事情で4話だけこの作品がぶちこまれたのか・・・

よくわからない放送系対で全4話という短さでは
レビューが難しかった作品だった・・・。

七つの大罪 聖戦の予兆 上(完全生産限定版) [DVD]
アニプレックス (2017-01-11)
売り上げランキング: 275

スポンサーリンク