DARKER THAN BLACK-流星の双子-

2010年1月5日

DARKER THAN BLACK-流星の双子-感想



DARKER THAN BLACK-流星の双子-感想

DARKER THAN BLACK-流星の双子-
★★☆☆☆
前作「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」から2年後の世界であり、
冬のロシア・ウラジオストクから物語が始まる。前作から登場するキャラクターを引継ぎながらも、
本作から登場する新キャラクターを交えての展開となっており、
新たなる主人公である『蘇芳・パヴリチェンコ』と
前作の主人公・『黒<ヘイ>』の二人の視点でストーリーは描かれる。
どうしたんだ、おい。
最終話まで見ましたが、あれ?
1期をレビューする前に、2期のレビューするのもどうかと思いますが・・・
これはないだろう
1話、2話と非常にいい感じでストーリーが進み、前作を見ている人なら
楽しめるキャラクターの活躍や相変わらずの死にまくり具合。
いいねいいねー、と見ていました。
今回から登場のヒロイン「蘇芳」、
いいねー。かわいい女の子。
萌えとかそういう感じではなく、普通の女の子っぽい感じがなんともいい。
黒も飲みまくりになっているものの、前作と変わらぬスタイルで
途中能力を失っても戦い続けるのはさすが・・・
しかし、しかし・・・銀の扱いひどくね?(笑)
いや、OVAとかで語られてるらしいんだけど、
最後まで意味がわからなかった。
12話でまとめるのは無理だったストーリーだったのはわかるけど、
説明不足すぎてエンドロールで謎がでてくる展開。
物語は完結してこそ物語じゃないのかなって思います。
それが小説であれ漫画であれ、アニメであれ。
視聴者にその後の展開や謎解きをさせるという手法もありますが、
完璧に最終話で投げちゃう感じのアニメは微妙ですね・・・。
1期だけにしておけばよかったのに。。。
3期、あれば期待。