恋姫†無双

未分類

恋姫†無双感想


恋姫†無双感想
恋姫†無双
★★★☆☆
『三国志』の世界を舞台としたアニメだが、
武将を初めとした登場人物が、本作ではほぼ全員女性として登場する。
また、独自の設定として女性武将は“真名”(まな)という
姓・名・字以外の名を持つ。
この“真名”は、本人が心を許した証として呼ぶことを許した名前であり、
本人の許可無く“真名”で呼びかけることは、
問答無用で斬られても文句は言えないほどの失礼に当たる。
女性の関羽が主人公で張飛を始めとして蜀の武将が次々女性として登場する。
劉備は男性として登場するが登場人物に相手にされない

萌え水戸黄門
原作はPCゲームの本作品。
原作の方はやってません、どうも戦国モノは苦手で・・・(汗)
ストーリーの方は、基本的に1話完結でサクサク進み
関羽とその一行の旅で出会う事件を解決して行く。
水戸黄門のような感じのストーリー展開は観ていて面白く
肩の力を抜いて楽しめるアニメになっています。
ただ、良くも悪くも水戸黄門の領域を出ておらず
ストーリーにひねりや凝ったものはあまりありませんでした。
キャラクターの方はかなり多めで、全て女性キャラ。
三国志の登場人物の女性化はある意味面白いのですが、
結構多めなので「えと・・だれだっけ?」と思うような人もたまにいるので
キャラクターの掘り下げがもう少しあれば楽しめたのにと思えてしまいます。
全体的に百合が多く、あるキャラに至っては
部下に全身をなめさせる武将がいたり・・・(苦笑)
人によってはドン引きしてしまうような展開もありました。
ただ、キャラクター達は好感が持てる者も多く、
総会に進むストーリーで12話あっさり見ることが出来ます。
2期、3期と続く本作品なので次期に期待して
評価は高めにします。

「」おもしろい?つまらない?

この作品をどう思いましたか?あなたのご感想をお聞かせください