ないしょのつぼみ

2010年8月5日

ないしょのつぼみ感想

評価/★★★☆☆(50点)

ないしょのつぼみ感想

制作/スタジオ旗艦
監督/しぎのあきら
声優/名塚佳織,小清水亜美,小林沙苗,神田朱未ほか


とある家庭の一人っ子として育った女の子立花つぼみは、
ある時、母からお腹の中に赤ちゃんができた事を知らされる。
ずっと前から弟妹を欲しがっていたつぼみは心から嬉しがり、
友達の山吹八重と加藤麗愛にその事を話すものの・・・・・

スポンサーリンク

なぜにOVA・・・?

小学5年生の母親が妊娠した。という所から、物語は始まる。
本作品は一応、小学五年生という雑誌で掲載されていた漫画のOVA化。
この内容が、小学5年生には早いのか遅いのか微妙なところ。
実際OVAで発売されているので、あえて親が買い与える作品なのか
それとも大きなお友達がターゲットなのか非常に謎です(苦笑)
ストーリーは、母親の妊娠をキッカケに主人公が自分で調べたり
友達から話を聞きながら性知識を少しずつ学んでいく。
最近のアニメのように露骨すぎる描写はないが、言葉自体は結構露骨です。
ある意味、目当ての声優さんがいるなら、そういう意味でも楽しめるかも・・・?
小学5年生くらいの女の子特有の性の悩みを
しっかりと描いているのは好感が持てたが、敢えて大人が見る内容でもなく
子供向けだとすると、ちょっと露骨すぎる分、恥ずかしいのではないのか?と思います。
これが逆に漫画媒体なら恥ずかしさも薄れるかもしれませんが・・・
全体的に見れば悪くはない。
子供の恋愛要素も盛りこんであり、初恋や男子が好きな女子をいじめるという内容、
自分の妹が生まれるまでのストーリー展開と・・・悪くはない。
しかし、物語の随所随所で主人公にアドバイスする「謎の少女」が謎(苦笑)
いや、物語の流れから何となくわかるのですが、結局のところ意味不明。
物語を進めるためだけの存在なのは残念。
基本的に悪くはないが、子供向けの露骨な性知識アニメです。
しかし、子供向けの内容なのにOVA。
ん~・・・ターゲットがわからない(苦笑)
小学校などの保健の時間に流すには露骨・・・かな?
ただ、しっかりと性知識や恋愛を学べる作品にはしっかりとなっており
この作品の伝えたいことやコンセプトは理解できる。
問題があるとすれば、謎すぎる謎の少女やこの作品の頒布or販売形式。
もう少しだけ露骨な内容を削れば学校教育向けに販売したり
NHKなどで放送することも可能なはずだ。
OVAという謎の形式だけが腑に落ちない作品でした。

スポンサーリンク