ぼく、オタリーマン。

ぼく、オタリーマン。感想

☆☆☆☆☆(9点)

ぼく、オタリーマン。感想

制作/リバプール、パンダ工場
監督/芦名みのる
声優/宮野真守,釘宮理恵,柳田淳一,小田久史ほか
全1話


あらすじ

人気ウェブサイトでの連載が本になり、大ヒットとなった『ぼく、オタリーマン。』がFLASHアニメ化!28歳、職業SE、独身、彼女ナシ、そしてちょっぴりオタクなサラリーマン=「オタリーマン」の生き様を描く。宮野真守、釘宮理恵といった人気声優が出演。

スポンサーリンク

アニメじゃないよ、紙芝居。

オタクっぽいサラリーマンを上手く描いており、
女性社員に嫌われている、押しに弱い、細かいところを気にする、キモイ(笑)
といった具合に確かに捉えどころはよく面白い。
女子高生とすれ違うときに何かドキドキしたり、ゲームしていて乗りそこねたりと
オタサラリーマンの「日常」を上手く捉えている。
ただ、絵が本当に動かない・・・。
FLASHアニメ作品なのである程度の動かないのはわかるが、
ここまで動かないと紙芝居的で「アニメ化する意味」がなく、面白味を感じることができない。
恐らくは原作で読めば「くすっ」と笑えそうな感じのエピソードも
テンポが悪く、素直に内容を楽しむことが出来ないのはマイナス評価でしか無い。
これが無料配信!とかならば納得出来る内容ではあるが、
OVAで2400円も払わせておいて、この内容・・・?と思えるほどがっかりする。
せっかくサラリーマンの日常を描く貴重な作品なのにもったいない。
現在の時代的にもきちんとした制作会社が作れば受けそうなアニメなだけに、
このOVAの出来栄えは残念でならない。
はっきり言えば、こんな出来栄えのものしか作れないならアニメ化する必要はない。
原作が好きな方には裏切りになるし、初めてこのサクヒンに触れる人には悪いイメージしかつかない。
ただ、是非、別の制作会社でアニメ化して欲しい作品ではあります。
この作品で最も意味不明なのは、釘宮理恵さんが出ていることでしょう(笑)
な、何で???原作がお好きなのでしょうか・・・w