俗・さよなら絶望先生

俗・さよなら絶望先生感想

評価/★★★★☆(76点)

俗・さよなら絶望先生感想

制作/シャフト
監督/新房昭之
声優/神谷浩史,野中藍,井上麻里奈,谷井あすかほか
全13話


あらすじ

始まりの季節、春。希望に胸を膨らませた「何事もポジティブにしかとれない少女」風浦可符香は、桜の木で首をくくる「何事もネガティブにしかとれない男」糸色望と出会う。出会ってはいけない2人だったが、望は可符香の高校の新しい担任の先生だった。
望が受け持つ2のへ組は、望や可符香に負けず劣らず癖の強い問題な生徒ばかり。レトロ調の世界の中、些細なことで「絶望した!」と嘆く望と、へ組の生徒達が、日々騒動を巻き起こす。

スポンサーリンク

よりカオスに、より綱渡りに、よりハイテンポに

絶望先生の2期である本作品。
1期と比べると、制作シャフトのお遊びが暴走しまくっているが
本作品とベストマッチしているように感じた。
ストーリーは相変わらず毒の聞いた社会風刺と
普通なら気にしないような細かい点に着目したコメディ。
1期と比べると活躍しないキャラクターも増えてはいるが、
バランスよく主要キャラクターを扱っていたように感じる。
ただ、前期と比べるとキャラクター的な深みは浅くなった。
1期がキャラクター紹介で2期は本筋に入るような形なので仕方ないといえば仕方ないが、
もう少し一人一人のキャラクターにスポットを当てた話があってもよかったかもしれない。
しかし、前期に比べストーリーのテンポが高速化、当社比1.5倍とも言える速さで進んでいく。
作品のクドさを濁すことは出来たが、一時停止ボタンを押さないと
見逃してしまうシーンが多いのは評価に困るところ。
ただ、その見逃してしまうシーンに「やばいこと」が結構書かれているので
そういう意味では上手く利用しているのかもしれないが・・・(苦笑)
更に今期では実験的要素も目立った。
作中でラジオドラマをやったり、声優シャッフルをしたり、
謎のポロロッカ語(字幕付き)で15分ほど放送したり、謎の変身美少女OPになったり
過剰なまでのお遊び&演出が多かった。
ある種、この作品の蛋白になりがちで止め絵が多くなりそうな作風を
過剰な演出や独特の手法で「動き」のあるアニメに仕上げている。
恐らく制作が他社であれば、紙芝居並みの止め絵が多発しそうな作風なだけに
この点は制作が「シャフト」で正解な作品だったと言える。
1期よりも濃く、綱渡りを逆立ちで行うようなブラックジョークを
ハイテンポで構成されている本作品は1期よりも高評価出来た。
しかし、やはりブラックジョークなので人を選ぶのは仕方ないかもしれない(苦笑)
制作の実験的話も見づらいだけのものもありましたし・・・
ただ、本作品の特徴は「よくそんなネタ思いつくな」というような
細かくつついてくるような面白味がある。
1期を見て気にいったかたは是非、2期も御覧ください。