セキレイ~Pure Engagement~

セキレイ?Pure Engagement?感想

☆☆☆☆☆(7点)

セキレイ?Pure Engagement?感想

制作/セブン・アークス
監督/草川啓造
声優/立花慎之介,早見沙織,花澤香菜,遠藤綾ほか
全13話


あらすじ

2020年、新東帝都に聳え立つ超巨大企業M・B・Iのビル頂上で1人の男が高らかに「鶺鴒(せきれい)計画」の発動を宣言した。放たれた108羽の「セキレイ」と呼ばれる戦士は、葦牙(あしかび)と共に最後の生き残りを掛けて闘い合うのだという。主人公・佐橋皆人は2浪決定の日、セキレイの1人・結と出会う。この出会いが、平凡でさえない男・皆人の運命を大きく変えていくことになる。

スポンサーリンク

どうでもいいや

1期は色々と話題になったセキレイ2期。
しかし、個人的には今期で本作品はどうでもよくなりました。
基本的なストーリーは、1期とそこまで変わらず
セキレイが最後の一話になるまで戦う「鶺鴒計画」、
主人公は4人のセキレイの葦牙となり鶺鴒計画に巻き込まれていくという感じ。
ただ本筋のストーリーが本当にツマラナイ。
一期と変わらずセキレイたちとの日常描写を交えつつ
セキレイたちの戦闘を描いてはいる。
戦闘シーンは確かにそれなりに動き作画のレベルも高い。
しかし肝心の戦闘でセキレイが機能停止になることが殆ど無い。
108羽も居るんだから、どんどん機能停止に追い込めよと何度思ったことか・・・(苦笑)
話を先延ばしにしているだけであり、意味のない戦闘が多い。
今期ではストーリーに進展が少ない。
鈿女関連の伏線や物語は進行したものの、それ以外が進んでる感じはしない
原因は多い登場人物。
多くの登場人物がそれぞれ伏線をもっており、それを同時に徐々に徐々に進めているため
結局は何も解決して無いということになる。
同時進行している伏線の数が多すぎる。
特にイライラしたのは主人公の妹、ストーリーに関わってるくせに何も進展しない
明らかに尺の無駄遣いだ。
普通のアニメが一人で走っている徒競走だとしたら、
このアニメは2人3脚で走っているようなものです。
展開が異常なまでに遅くフラストレーションがたまる
終盤の展開はオリジナルだったようですが、様々な決着をつけないまま
盛り上がり展開にしたかったのは分かるのですが
結局は本筋のストーリーに必要性を感じない戦闘で締めてしまい
更には強敵が自ら刀を収めて終わる、もう突っ込みどころが多すぎる。
(セキレイを祝詞で強くするのも最初からやっとけばいいのに・・・)
もう少しすっきりとした脚本を書く事はできなかったのだろうか???
前半部分は確かに決着つかない戦闘と日常ではあった、
だが、それなりに見れたものになっていた。
しかし、終盤の展開は強引すぎてついていけなくご都合主義が多かった
全体的に全てがないがしろになっており、見所は「セクシー要素」しかない。
お風呂のシーンや着替えのシーンなども多く、光などで肝心な部分を隠し
「DVD買ってね♪」と作中でなんども訴えかけてくるようだ。
その証拠に作中で何度もDVDの宣伝テロップが流れる、あざとすぎる・・・
この作品の世界観や設定、キャラクターは悪くない。
しかし、様々な要因がストーリーの魅力を半減させ
結果として低い評価につながっている。
声優さんやセクシー要素に興味がない方にはおすすめできない。
将来的にきちんと作品を完結するならば評価も上がるかもしれないが
こういう感じだといつまでも完結しなさそうな雰囲気ですよね(苦笑)

このアニメと似ているアニメ

スポンサーリンク