聖剣の刀鍛冶

2010年1月3日

聖剣の刀鍛冶感想



聖剣の刀鍛冶感想

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス
★★☆☆☆
元貴族令嬢で騎士団員のセシリー・キャンベルは、
父から受け継いだ古い剣を鍛えてくれる鍛冶屋を探していた所、
街中で暴れていた男を剣で撃退する男と出会う。
鍛冶と騎士と魔法、この世界観を示すにはこの3つの言葉が最適化もしれない。
ストーリー展開は割とベタなファンタジーもの。
ただ、ベタでない店は鍛冶と剣にこだわっている点。
剣を使った戦闘シーンはなかなか見もので(最後のほうは手抜きを感じられたが)
激しい殺陣のような剣さばきは見ていてあきなかった。
また、ストーリーの内容も12話でまとめるにはもったいない内容。
アニメオリジナルでもいいから、完結したらおもしろかったかもしれない。
12話で纏めるのはムリだったため非常に微妙な最終話になっている。
2期があるなら、期待って感じですね。
リサが可愛かったから、よしとしますが(笑)
いや、実際かわいすぎる。欲しい。
豊崎愛生さんの声っていいですねー、エンディングとか可愛かった・・・w
とりあえず、二期の期待。(あるのかな?)