明日のよいち!

明日のよいち!感想

評価/★★☆☆☆(35点)

明日のよいち!感想

制作/AIC
監督/久城りおん
声優/岡本信彦,佐藤利奈,戸松遥,田村ゆかりほか
全12話


あらすじ

山で父と修業をしていた少年剣士・烏丸与一。
ある日、父に「このままでは、お前はこれ以上強くなることはできぬ!」と言われ都会に出ることを決意する。
新たな修業を求めて都会・浅模市(あさみがわし)に出た与一は
同じ流派の斑鳩いぶきという少女に出会い、美人4姉妹が暮らす斑鳩道場に居候することになる。




スポンサーリンク

原作の宣伝完了!王道ラブコメ

原作は月刊少年チャンピオンで連載中の作品。
原作者にとっては初めての連載作品のようです。
現在14巻まで刊行されており、本作品はそのアニメ化。
基本的なストーリーはラブコメ。
生まれてから17年間山で修行をしていた主人公、
修行のために下山をし同じ流派の家に居候することになる、
しかしその家は美人な4人の姉妹達の家だった!的なストーリー
決して剣道やら戦闘やらに期待してはいけない。
序盤は山から降りてきた主人公の戸惑いを楽しむことができる、
ラブコメの主人公らしくラッキースケベ属性を持っており、エロハプニング多発、
しかし下着や裸などのシーンは少なく、そちらに期待するには刺激が若干足りない。
基本的には4人姉妹と主人公のラブコメを楽しむという感じだろう
4人の姉妹もテンプレート的ではあるものの、可愛らしキャラではある。
お姉さん系、ツンデレ、妹、オタク系と4人いれば文殊の知恵ではないが、
4人いればどのキャラかは気にいるだろう。
声優さんたちも、しっかりとファンの多い方を使っているので
ファンなら必見と言えるかもしれない。
しかしながら、ストーリーは至ってシンプル、悪い意味でもいい意味でも無難だ。
ある意味、どこかで見たことのあるストーリー展開が多く、
個性というのは主人公の「ござる」キャラだけであり、あまりオリジナル要素を感じない。
その点では毒にも薬にもならないアニメと言えるだろう。
テンポがいいのが唯一の救いで、これでテンポが悪ければ最悪だが
内容の方は同じことを繰り返し同じ展開で終わる。
最終話まで迎えても主人公とヒロインの関係性が変化するようなことはなく、
淡々と終わってしまう、今後どうなるのかはわからないが中途半端すぎる感じが強い。
更に言えば戦闘シーンのあっさり加減が半端ない。
基本的には主人公が技の名前を叫んでおしまいという感じで、
もう少し白熱するような戦闘シーンを見せて欲しかったという感じだ
更にはその必殺技も全部「刀からすごい風が出てる」という演出で終わってしまい
差がまったくわからない。
まあ、最初からこの作品はラブコメ中心で戦闘などのシリアス要素はオマケのようなかんじだ。
中途半端な戦闘シーンを見せられるよりは単純に
「17年間山にいた主人公」という設定を押した方が、
フルメタのような面白みが生まれるかもしれない。
この内容で流石に2クールや3クールもやられたら私は飽きてしまうだろう。
というか、未だに原作が連載していることが驚きだ。
現在14巻も出ており、2期の可能性もあるかもしれないが
同じような展開ならあまり期待できないだろう
だが、本作品で一番笑ったのは主人公の父親。
一話では主人公が強くなりすぎて相手にできず山から下ろし、
最終話では主人公の手紙を読み・・・「くだらん!」で最後の締めを飾る(笑)
ある意味、無難な要素で構成されている本作品の中で
唯一の強烈な個性を放つ登場人物と言えるだろう。
ただ、強烈な刺激はないものの肩の力を抜き無難に楽しめる作品ではある。
原作が14巻も出ている事を考えると、原作がある意味気になる。
2期の可能性があるのかは謎だが、もしやるとすれば過激なセクシーシーンを押して
ラブコメ要素と17年間山にいた主人公を押せばDVDは売れるかもしれない。
方向性をしっかりと定めてほしい作品です。

スポンサーリンク