神様ドォルズ


神様ドォルズ感想

評価/★★☆☆☆(29点)


神様ドォルズ感想

制作/ブレインズ・ベース
監督/岸誠二
声優/岡本信彦,福圓美里,茅野愛衣,木村良平ほか
全13話


あらすじ

閉鎖的な故郷・空守村を離れて東京での一人暮らしを始めた大学生・枸雅匡平の元に、
空守村で神と崇められる「案山子」を操る「隻」の資格を持つ妹・詩緒が訪れる。
それは、かつて村で惨劇を起こし
幽閉された匡平の幼馴染み・阿幾が脱走したことを伝えるためだった。




スポンサーリンク

不完全燃焼 なんだね

原作は月刊サンデージェネックスで連載中の漫画作品、
監督はAngelBeatでお馴染みの岸誠二
基本的なストーリーはバトルアクションものといえばわかりやすいかもしれない。
閉鎖的だった村から上京し大学に通っている主人公、
彼は閉鎖的な村の秘密である「案山子」を操る天才だった。
だが、彼を追って、とある事件で幽閉されていたいかれた奴が上京してくる・・・
という感じだろうか?
根本的に「案山子」と呼ばれるからくりが中心として物語が描かれる、
この「案山子」は非常に独特のデザインをしており、
動くときに民謡なような歌が鳴るなど面白い設定と発想だ
ただストーリー的には若干のもどかしさがある
一話で何やら主人公に因縁のあるオトコが襲ってきたかと思ったら、
いつにまにか倒して、そのまま妹と共に大学の友人宅へ居候。
そのまま日常パートを描きつつ、主人公の妹が「案山子」を操る修行を主人公と共にしつつ
話をすすめるのだが、根本的なストーリーが進まない。
襲ってきた男が主人公にこだわる理由や、村の仕組みやしきたり、
関係性などがいまいちわかりづらく、話が進めば進むほど謎とキャラが増えて
結局、今主人公がどのような状況に置かれているのかわかりにくい中で
主人公とヒロインの日常パートを描いているのでストーリーがひっかかってしまう。
おそらく謎を散りばめつつ、ストーリーすすめるエヴァ的な手法なのはわかるのだが
何もわからない状態で戦闘シーンもあまりパッとしない、
ヒロイン可愛い!という以外は序盤は楽しみが薄く、
主人公やその他のキャラに感情移入しづらい
このせいで4話辺りまでは、キャラ萌え以外には楽しみづらい部分が多く
多くの視聴者を失った可能性が高い。
私も一気に見たからよかったものの、一週間感覚での放映なら
3話で確実に見るのをやめていた。
その謎自体を主人公たちがわからず、主人公と一緒に解明してくならまだしも
主人公が知っていることが多く、あえて喋らない物も多い
ただ、そう思っていると、いきなり7話で過去の話が流れる。
今までさんざん濁してたくせに、いきなり7話で過去の重要な事件がいきなり
明かされたときはさすがに驚いた。
え?さんざん隠してたのにここで?みたいな印象だ
全体的に隠していたことをあきらかにするのが、かなり唐突だ
ストーリーの構成が若干のんびりしすぎているのに、いきなりたたき起こされたように
隠していた謎や話を描くのはかなり違和感を感じる
致命的にストーリーが進む遅さはあるものの、内容は面白い。
村のしきたりや、案山子の謎、表情豊かなキャラクターなど
地味に堅実に作られており話が進めば進むほど面白さが募っていく
特にキャラの表情は豊富で見ていて面白い
だが最終話は意味不明だ。
せっかく良い感じでストーリーをまとめ、強い敵を倒し、主人公とヒロインがくっつき
「あぁ、このあとの話は2期あれば~という感じでまとめるのかな~」
と思ったら・・・なんか、いきなり主人公が敵と対峙して終了・・・
不完全燃焼。
その言葉が的確だろう(苦笑)
明らかにストーリーの区切りの付け所がおかしい、
主人公とヒロインのあのシーンでエンディングが流れるような感じで終われば
「いろいろ謎とか中途半端だけど、2期あったらみよ~」と思わせられるのに
わざわざとってつけたように、中途半端なシーンを描いてしまったのは意味不明だ
全体的にみてアニメ化早かったんじゃないのか?という感じが強く残る。
2期をやるにしても原作のストックは少なく、
(現在刊行中の9巻のうち8巻の途中までアニメ化したらしい)
原作がたまるのを待つにしても月刊雑誌でまだまだ先、
それを考えるとオリジナルでなければ2期が不可能だが
今のところ2期の情報がない。
分割2クールでもなく、2期の予定もないのに、なぜ、あの最後のシーンを入れたのだろうか
これが2期が決定しているならいい、
2期を想定したストーリー構成ならば十分納得できるが
2期やるかもわからない状況で、まるで2クール作品を作るかのようにゆっくりと
ストーリーを進行してしまっていたのは致命的だった。
明らかに早過ぎるアニメ化だ、原作が完結ないし2クール分の原作がたまってから
アニメ化すれば、もっと高い評価を出せたかもしれないが
1クールぎりぎりの原作の状況でアニメ化は、この手の謎のあるストーリーのアニメとしては
かなり痛い。
なにせ次2期をやるころには一期の話を忘れている可能性が大きい
原作通りでやるならば、最低でも3年か4年はかかりそうだ(苦笑)
そんなに長い間、こんな中途半端なストーリーの作品の内容を覚えているのは難しい
今のところ、2期がないのなら、この評価意外難しい。
ただ2期をやるにしても売り上げ的には1500枚以下と相当厳しいのだが・・・
果たして(苦笑)