妖狐×僕SS


妖狐×僕SS感想


評価/★★★☆☆(58点)


妖狐×僕SS感想

制作/david production
監督/津田尚克
声優/日高里菜,中村悠一,細谷佳正ほか


あらすじ
旧家・白鬼院家の令嬢として生まれた少女白鬼院凜々蝶は大人に守ってもらわないと生きて行けない無力な自分や、常に家名が重視される環境に息苦しさを感じ、家を出て一人暮らしをすることにした。家族は凜々蝶が家を出ることには反対しなかったが、条件として街の郊外にある「妖館(あやかしかん)」の異名を持つマンションであるメゾン・ド・章樫(あやかし)への居住を命じる。



スポンサーリンク

お前はドS!貴様はドM!

原作は現在も連載中の漫画作品
同時期に放映された中では割りと話題になっていた作品だ

基本的なストーリーは日常系と一応ファンタジーという感じだろうか?
令嬢として生まれた少女は一人暮らしをするために高級マンションへと引っ越す、
だが、そのマンションはある条件のものしか入居できないマンションで
各部屋に「シークレットサービス」がつくマンションだった。
少女は入居した瞬間からつきまとうSSに戸惑いつつ生活をはじめるところから
ストーリーは始まる。

始まって早々、中村悠一演ずる「御狐神」の印象が
強烈に植え付けられる(笑)
彼の変態的なまでの主人への尽くし方はドン引きするレベルで
そのドン引きするレベルの尽くし方をどんどんと少女へとぶつけていく。
なにせ彼は少女にあった瞬間に「涙」を流すほど感動するw

ある意味、彼は中村悠一の声と外見だからこそ許されると言える。
中村悠一のあのイケメンボイスで「あなたのしもべに、犬にしてください」
等と言われたら、女性だったら喚起の声を上げてしまうだろう。
だが、女性向けと一瞬感じるのだが彼の変態的奉仕行動が
嫌味なキャラになりきらず、男性にも受けいられるだろう

本作品はこの「女性向け」の部分と「男性向け」の部分がうまく融合している
イケメンキャラが尽くしてくれるという女性向けの部分と
変態的な奉仕行動という男性向けの部分で男性キャラを盛り上げ、
女性キャラも非常に可愛らしく描かれている。

ただ逆に言えばキャラに頼りすぎている部分もある。
肝心のストーリーがインパクトが薄い。
妖怪の先祖返りという設定と日常ストーリーがあまりからみ合っていなく、
キャラクターが魅力的なだけに、魅力の薄いシリアスな部分のストーリーが
足を引っ張っていた。

ぶっちゃけていえば「妖怪」って設定がなくても
ストーリーが進行できてしまうという点だ。
ちょっと世間から外れて籠の中の鳥だったお嬢様が一人暮らしを初めて・・・
というような設定だけでも十分に展開できるストーリーなだけに
そこに「妖怪」要素が入るとギャグの部分では楽しめるのだが
シリアスな部分だとどうにも面白さにかけてしまった。

だが、そう感じていたのは10話までだ。11話のストーリー展開は非常に驚いた。
中村悠一演ずる「御狐神」が何故、主人公である「りりちよ様」に対し
あそこまで献身的に接しているのか、なぜそこまで思いつめているのか
何故、「りりちよ様」のSSになったのかという
あまり、そこまで掘り下げられていなかった「理由」が
一気に語られる。

たった1話でキャラの描写を深め、しっかりと物語の面白みを出した。
そこまでの10話は11話のためにあったと言える
積み重ねたキャラ同士の兼ね合いが11話でしっかりと生きていた。
ストーリーの構成が非常にうまく、起承転結がきちんと成り立っていた
何とも気持ちのいい1クールだった。

全体的に見て愛着の湧きやすい作品だった。
魅力的かつ個性的なキャラクターたちの会話劇は
序盤から終盤まで楽しむことができ、同時に毎回変わる個別ED曲というこだわりや
SDキャラをもちいたギャグシーンなどもあり、
主人公であるりりちよ様の可愛さも半端無かった。

そして1話から最終話までの心理描写と感情と立ち位置の変化は
丁寧かつ繊細に描かれ、見ていて気持ちのいい作品だった。

欠点を述べるとすれば、序盤はただのキャラ萌えストーリーでしかなく
11話まではキャラ萌えアニメでしかない。
ただあの11話で単純なキャラ萌アニメにとどまらなく、
全12話で1つの作品として完成していた。

人によってはキャラに感情移入できずつまらないと感じてしまうかもしれないが
キャラクターに愛着が湧けば最後までしっかりと楽しむことが出来る作品だ。
逆に言えばキャラに感情移入できないと11話までは
キャラ萌ストーリーなので若干厳しいところだ。

ただ個人的にwikipediaの壮大なネタバレをくらってしまったせいで
「2期期待!」と両手を上げて喜べない(苦笑)

しかしながら、この作品は中村悠一のあのイケメンボイスあっての作品だと感じた
あの声であの外見だからこそ許される、嫌味にならない
また妙にエロいアングルがあったり、やたらお風呂シーンがあったのも
1クールすっきり見れたポイントかもしれない。

売り上げ的なことを言えば好調なようで2期も十二分に期待できるが・・・
逆に私は1期だけの状態でも「満足」なので2期のストーリーを楽しめるかどうか
wikipediaの壮大なネタバレのせいでいまいち想像しにくい。
期待したい・・・が、一期を超えられるかどうかが非常に大きな点だろう
2期・・・いろいろな意味で期待したいと思います。