HUNTERXHUNTER


評価/★★★★☆(65点)



制作/日本アニメーション
監督/古橋一浩他
声優/竹内順子,三橋加奈子,甲斐田ゆきほか


あらすじ
主人公のゴンは幼少期に森で巨獣に襲われているところをカイトに助けられる。この時、死んだと聞かされていた父親ジンは生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。ハンターに憧れを抱くようになったゴンはハンター試験の受験を希望。



スポンサーリンク

OVAは厳しい・・・

原作は幽遊白書などでお馴染みの富樫による作品
現在も週刊少年ジャンプで連載中
本作品は1999年に放映されたもので、
2012現在リメイクされて新アニメが製作されている

基本的なストーリーは少年の成長を描いたバトルアクション。
田舎の孤島で暮らしている両親の居ない少年ゴンはある日、ハンターに助けられる
彼はごんの父親が生きていてハンターとして活躍していることを聞き、
自分もハンターになることを目指すというところからストーリーは始まる

序盤は主人公であるゴンが「ハンター」になるためにハンター試験に挑む。
このハンター試験はユニークかつ特異な試験ばかりで
見ているこっちが「どう試験をクリアするのか」「次の試験は何なんだ」と
思わせるほど面白い。
特に多数決で塔を降りていく試験や、寿司を作る試験など見ているだけで
ワクワクドキドキするという「少年漫画」らしい冒険譚だ。

そして、それのストーリーを追う個性的かつ魅力的なキャラクターたち。
主人公のゴンの真っ直ぐで純粋な性格と主人公らしい行動と言動、
若干馬鹿で熱血でエロ&金にうるさいレオリオ、
一見女性にも見えクールな性格のクラピカ、
殺人一家に生まれたという特異な環境の成年のキルアなど
この4人を中心として試験をクリアしていくさまは見ていて面白い。

HUNTER試験の結果から次のストーリーへとつなげていく構成も見事だった
中盤以降は「念」という特殊能力を使ったバトルがメインとなる。
この「念」は概念や修行方法が面白く、
もし自分が中学2年生くらいなら「もしかしたた俺も念使えるんじゃね?」と
コップに水を入れて手をかざしていたかもしれない(笑)

念の設定も細かく作られており、それに伴う戦闘シーンや
終盤の「幻影旅団」との戦いと特殊な能力の数々は
バトルアクションものとして素直な面白さがあり、
バトルシーンの作画も魅せる動きをしており、目が離せない。

だが終盤のストーリーは本来主人公であるはずの「ゴン」ではなく、
「クラピカ」が中心の話で構成されてしまっていて
そのまま最終話を迎えてしまっているのは残念だ。
ただ原作が未完でまだまだ続いていることを考えると、仕方なかったとも言える
ストーリーがこれからさらに盛り上がりそうで終わるのは何とも言えない感じだ

ただ、この評価はあくまでTV版だ。
OVAのほうは意味不明と言えるほど出来が悪い
作画に関しては問題ない、TV版から年月が経ってから製作されてこともあり
デジタルで描かれた作画は綺麗で見やすくなっているが
TV版とは雰囲気も違い、個人的にはTV版のほうが好みだった

しかしながら、作画が綺麗なのも序盤まで。
OVAで話数を重ねる度にどんどんと作画の質が落ち、
どんどんと見るに耐えないものになっていく。
キャラの表情や体格は目に見えて崩れており、デジタル作画になった分余計目立つ

ストーリーに関しては原作通りではあるが、構成とテンポと演出が悪い。
特に主人公のゴンの父親が作ったゲーム「GI」編は原作では
きちんとカードの説明などが日本語描かれていたが、
アニメではなぜか読めない文字で描かれており、原作では面白かったストーリーも
全く面白く感じない。

更には不自然な端折ったストーリー構成、迫力のない演出、
特に念関連の演出はTVシリーズでは全く不満がなかったのに
OVAではSEと演出が全くやる気を感じられなく不満だらけだ
恐らく原作を読んだ人なら誰しも不満を感じてしまう。
戦闘シーンの迫力の無さは戦闘シーンがメインの作品なのにもったいない

またグロ表現も殆ど無い。
原作を読んだ人ならGI編でのグロ表現を覚えている方も多いだろうが、
OVAという媒体なのにまるで規制がかかったTVシリーズのような感じだ

TVシリーズは「原作を忠実に再現し面白くしよう!」という意気込みを感じた
だがOVAシリーズは「とりあえず原作通りに作ればいいんじゃね?」と適当な感じだ。
原因としては監督の違いが最も大きいだろう

TVシリーズでは古橋一浩さんが監督をやられていたが、
OVAではTVシリーズより短いのに4人の監督が担当している(苦笑)
話が進めば進むほど質が落ちていく作品というのは見ていて悲しくなってしまう。

全体的に見てTVシリーズは面白い、だがOVAが残念すぎる。
TVシリーズは原作に忠実で演出や作画なども全62話という長さで
クォリティを保っており、原作を読んでいる人でも見ていない人でも楽しめた
だが、OVAではクォリティを維持する気はなく適当に作られており見る価値はない。

リメイクされ現在放送されているものはマッドハウスが制作しており、
日本アニメーション制作のHUNETRHUNTERが制作される可能性は薄い。
OVAではなく2期としてTVシリーズでしっかりと作られていれば、
OVAの残念な出来栄えも少しはましになったかもしれないのが非常に残念だ。

リメイク版は果たしてどうなるのか・・・・
そして原作はいつ終わるのか(苦笑)
今後が気になる作品です。