まんがーる!

評価/★★★☆☆(52点)


まんがーる! [Blu-ray]

制作/動画工房
監督/中西伸彰
声優/宮本佳那子,駒形友梨,尾高もえみほか


あらすじ
掲載誌と同名の「コミック アース・スター」編集部を舞台に、「はな編集長」をはじめ、それまで雑誌編集経験のまるで無かった女性編集部員たちが、「日本一の漫画雑誌」を作り育てるべく仕事に励む日々を描くコメディである。




スポンサーリンク

改造人間坂本龍馬、絶賛連載中。アニメ化希望(笑)


原作は4コマ漫画の本作品。
5分の短編アニメでニコニコ動画などでも配信された

基本的なストーリーは漫画編集部の日常を描いたアニメ。
掲載してる雑誌と同名の「コミックアース・スター」の編集部を舞台に、
雑誌編集経験のない女性編集部員の日常を描く。

見だしてっ感じるのは5分尺のアニメの割にキャラクターデザインや
作画がしっかりとしているということだろう。
このキャラデザと作画のまま30分アニメの枠をやれるほどのクォリティを
毎話保っており、画面的には5分のアニメには見えない。
原作が「じょしらく」でお馴染みのヤスさんがキャラクター原案をしていることもあり
女性キャラクターは可愛らしい。

ストーリー的には女性だらけの編集部の日常だ。
その中で「漫画雑誌の小ネタ」も差し込んでくる。
漫画の経費と売上の話や写植、グラビア撮影、漫画家さんの日常など
「漫画編集部」という設定をうまく生かしたストーリーがよくできている。
編集部の普段の仕事が垣間見えるという本作品の魅力が出ている。

その反面、ギャグなどのコメディ要素のパンチが弱い。
クスッと来る感じはあるものの「爆笑」という感じはなく、
主人公がお馬鹿な行動をして、それを突っ込むというワンパターンな感じで終わっており
メインの「漫画編集部」の日常のストーリーがそれなりにできているだけに、
ギャグの弱さは致命的だった。

またキャラクター描写も不足気味だ。
主人公である女性編集長はボケ要因できちんと描写されており
ツッコミ要員である副編集長も同時にキャラ描写に問題はない。
ただ、その他二人の女性編集部は居るだけな感じが強く
「萌え」という部分で考えてもそういったシーンは少なく、
せっかくキャラクターデザインと作画がいいだけにもったいなさを感じてしまう。

全体的に見てもったいない作品だ。
5分の短編アニメということを考えれば、丁寧に編集部の日朝を描いており
漫画編集部ならではの知識ネタや小ネタも織り込んで入るのだが、
これが30分枠なら「漫画編集部」という設定をもっと生かしたストーリーが出来そうだ。
キャラ描写に関しても可愛いらしいキャラデザと新人さんの割にしっかりとした
声優さん達が揃っているのだが、キャラの掘り下げ不足がめだってしまい
表面上のキャラクターだけになってしまっているのは残念だ。

原作が4コマと言うことを考えれば、30分枠でやるのは冒険で難しいだろうが
けいおん!のような例があるだけに、
この作品がもっと広がりを見せられそうな可能性を感じてしまうもどかしさを
見終わった後にひしひしと感じてしまう内容だった。

しかしながら5分アニメとして考えれば、
意外にしっかりとできている漫画編集部ストーリーと可愛らしいキャラクターで
最後の最後で「まんがーる!」自体のアニメ化で物語を締めるというのも
なかなかいいオチになっており、及第点な作品といえるだろう。

1時間で見れる気楽な作品をお探しの方にはおすすめだ。
大きな期待をセずに見ればそれなりに楽しめる作品だ