「手品先輩」レビュー

スポンサーリンク
コメディ
スポンサーリンク

評価 ★★★☆☆(57点) 全12話

あらすじ 種無高校に入学した、とある1年の男子生徒。種無高校では生徒は部活が強制なため、いわゆる帰宅部志望だった男子生徒は、止む無く部活探しをすることに引用- Wikipedia

スポンサーリンク

駄目なヒロインが愛おしい

原作は週刊少年マガジン電連載中の漫画作品。
監督は臼井文明、制作はライデンフィルム

出会って3秒でゲロ


引用元:©アズ・講談社/手品先輩製作委員会

この作品のヒロインはひどくあがり症だ。
コミュ障でもあるがゆえに主人公と部室で出会ってすぐさまに
彼女は緊張や恥ずかしさのあまり「ゲロ」を吐く(笑)
アニメ史上でも最速の嘔吐ヒロインかもしれない。

そんな彼女は「奇術部」の唯一の部員であり3年生の部長だ。
しかし、手品ができない。自信満々に様々な手品を
主人公に披露するものの全て失敗する。
縄抜けしようと思ったら縛られたままで縄抜けできず、
鳩を出そうとすれば鳩に逃げられる。とんでもないドジっ子である(笑)

手品の仕掛け自体は知っているのにドジなあまりことごとく失敗してしまう。
その失敗するさまを主人公であり新入生でもある「助手」を通して
視聴者も突っ込みつつ、彼女の失態を楽しむアニメだ。
1話でこの作品の方向性とやりたいことがしっかりと分かる。

ポンコツかわいい


引用元:©アズ・講談社/手品先輩製作委員会

この作品の8割は「先輩」の可愛さでできている。
一生懸命手品をするもののまいどまいどテンパって失敗してしまい、
ずぶ濡れになったり洋服がはだけたりする。
このなんとも言えない「ポンコツ」さが愛くるしく、
可愛いというよりも愛らしいという言葉が似合うヒロインだ。

友達もいずにぼっちでいる様や、主人公にややうざ絡みしたり、
失敗を取り戻そうとして更に失敗してしまう様が本当に駄目だ(笑)
駄目でポンコツでドジ、だけど手品を頑張っている彼女に
話が進めば進むほど愛着がどんどん湧いてきてしまう。

セクシーシーンもかなり頑張っている。
直接的なエロというよりは「着エロ」とも言うべき要素が多いものの、
艶っぽい作画で描かれる手品先輩の痴態はほどよく過激なエロスで、
過激すぎないからこそエロスがギャグにもなっており、
ギャグとセクシーの塩梅が程よく、適度に「ニヤニヤ」っとできてしまう。

手品


引用元:©アズ・講談社/手品先輩製作委員会

この作品は手品先輩がありとあらゆる手品を見せてくれる、
しかも「種」まできちんと説明してくれることも多い、
かんたんに説明できてしまうほどシンプルな手品なのに失敗する良さもあるが、
そもそもの手品のレベルが低い(笑)

これが、このレビューを見てる方に伝わるかどうか疑問だが、
サービスエリアに売ってる子供向けの「手品グッズ」なみの手品ばかりだ。
コップの中にコインが移動する、ぬいぐるみをまるで生きてるかのように動かす、
千円札を切断したかのように見せかけるなどなど、
子供の頃に同級生が休み時間に披露していたレベルの手品の数々だ。

妙な懐かしさすら感じる。
プロのマジシャンがテレビでは子供だまし過ぎてやらないようなマジックだが、
子供の頃に友達が、自分が手品グッズを買ってやったことがあるような、
そんな懐かしいマジックの数々だ。

もちろん鳩を使ったマジックや「串刺し」マジックなど本格的なものもあるが、
子供だましのマジックですら失敗する先輩がそんなプロのマジシャンのような
マジックができるわけがない(笑)

怒涛のテンポ


引用元:©アズ・講談社/手品先輩製作委員会

この作品は1話15分の作品だ。
しかしながら、実質1話3分のアニメのような作り方をしている。
1話あたりに5エピソードほどぶちこんでおり、
まるで4コママンガのように起承転結のしっかりしたストーリーが
畳み掛けるようなテンポで繰り広げられる。

そのせいか登場人物はやや早口ではあるものの、
その早口が「手品先輩」が手品に失敗して慌ててるさまを後押ししており、
ギャグアニメで1番やってはいけない「ダレる」ということを感じさせない。
このテンポの良さが半ば勢い任せに笑いにしており、
それが「手品先輩」というキャラクターにマッチしている。

アニメにおけるテンポとキャラクター性が
ここまでマッチしている作品はなかなかない。
1話15分という尺なのにあえて、1話3分のアニメのようなストーリー構成にした
制作スタッフのセンスの良さが垣間見える。

新キャラ


引用元:©アズ・講談社/手品先輩製作委員会

基本的に序盤は先輩と助手の二人だけで話が展開するが、
話が中盤になってくると新キャラも出てくる。
顧問の先生だったり、部室にもなってる科学準備室を
貸してくれてる化学部の先輩だったり、ギャルだったり、デブだったり。

この手のギャグアニメの場合、ネタ切れになると新キャラを出すことが多い。
この作品も類にもれず、先輩と助手と部室の中でという閉鎖空間でのギャグが
序盤で面白かったが、中盤からは部員が二人追加されることで
序盤とは雰囲気がやや変わる。

新部員が入っても「二人だけの話」も多く描かれるが、
そのほうが話しとしてシンプルにおもしろい場合も多い。
先輩と助手という夫婦漫才に余計な要素が追加されてしまったカンジダ。
序盤にはなかったギャグアニメ特有の「話の当たり外れ」の波が
中盤からは出てきてしまっている。

わりと序盤から「化学部の先輩」はでているものの、
彼女が出てくるエピソードが少ない。
せっかくキャラクターとしての可愛さを感じるのに、
ちょっともったいなさを感じる。
ヒロインの姉なども持て余してる感じが強く、キャラの使い方がやや悪い。

マンネリ


引用元:©アズ・講談社/手品先輩製作委員会

「ギャグアニメ」という特性上仕方ない部分ではあるものの、
ある程度パターン化した話ではあるため、ややマンネリも生まれてくる。
本来はマンネリを回避するための新キャラのはずだが、
それが話の当たり外れを強くしてしまっている。

終盤になると「オチ」が弱いエピソードも出てくる。
1エピソード3分程度だからこそ、このオチの弱いエピソードや
マンネリ具合などの勢いでややごまかしてる部分も大きい。

1クールの最終話までギリギリマンネリに陥らなかった感じで終わっており、
面白い作品ではあるものの、その面白さがストレートかつ
わかりやすいものであるがゆえに色々なキャラが追加されたり
シチュエーションが変わると、その根本の面白さが薄れてしまう感じの作品だった

スポンサーリンク

総評:ギャグとほどよいエロスはいかが?


引用元:©アズ・講談社/手品先輩製作委員会

全体的に見てエピソードの当たり外れや終盤のマンネリ感は気になるものの、
1話3分だからこその勢いに任せた「手品先輩」の可愛さはしっかりと楽しめる。
毎回毎回、あがり症がゆえに、ドジっ子がゆえに失敗してしまう彼女の愛くるしさと
失敗してしまって「セクシー」なことになってしまう様がほどよいエロスと、
ギャグという様式美を生んでいる。

展開としてはワンパターンだ。
手品先輩が部室で助手に手品を披露するもののあがり症が故に失敗して
ちょっとセクシーになってしまう。作品の8割はこのパターンだ(笑)
だが新キャラが出てくる話や外に出る話よりも、
この作品の8割を構成するワンパターンな展開のほうが面白い。

手品先輩と助手、決して恋愛関係にはならない二人の関係性も微笑ましく、
助手の思春期男子として手品先輩に向けるストレートなドスケベ心と、
手品先輩が痴態を晒して恥ずかしがる様や助手がいないと寂しがる姿など、
主人公とヒロインの関係性と距離感がちょうどよく面白い。
決して恋愛関係にはならない関係が心地よさすら生んでいる。

1クールで1話15分で1エピソード3分ほどで1話の中で
5エピソードというストーリー構成も素晴らしく、
マンネリや話の当たり外れを勢いでごまかし、
やや早口な登場人物の台詞回しも、この作品のキャラと合っている。
変に間延びせずに4コママンガのようにサクサクと進みクスクスと笑える。

ギャグアニメという特性上仕方ない部分は出てしまっており、
「ちょいエロ」要素など好き嫌いが分かれる部分もある。
人によって好き嫌いがはっきりと分かれる作品だ。

しかし、規制を一切せずに描かれる手品先輩のエロスとギャグを
1話から貫き通しており、1話を気に入れば最後まできっちりと楽しめる、
非常にわかりやすく、割り切った作品だった。

個人的な感想:ちょいエロはいい


引用元:©アズ・講談社/手品先輩製作委員会

手品先輩のセクシーシーンが本当にちょうどよく、
笑いになるギリギリのラインを攻めている感じだ。
これ以上過激にやればエロすぎてしまう、その一歩手前に押しとどまっている。

惜しむべきは中盤以降の話の当たり外れだが、
それでもテンポの良さのおかげで1クールすんなり楽しめた作品だった。
個人的には化学部の先輩とのエピソードをもう少し見たかったものの、
後は原作で続きを楽しみたいところだ。

コメント