犬神さんと猫山さん

評価/★★★★★(81点)

スポンサーリンク

百合コメディの完成形?!短編アニメじゃもったいない!

原作は「ゆるゆり」などを連載している百合姫で連載している4コマ漫画作品。
1話5分ほどのショートアニメ。

見だして感じるのは作画のレベルの高さだろう。
短編アニメなのにきっちりと描き込まれた「キャラクターデザイン」は
見た瞬間に記憶に残るほど素晴らしいキャラクターデザインだ。
短編アニメの場合、省略されやすい「背景」まできっちりと描き込まれており、
キャラクターの表情などの動きも短編アニメとは思えないほど動いている。

ストーリー的には「百合コメディアニメ」だ。
犬神八千代は「猫派」で犬っぽい性格の長身の女の子、
猫山鈴は「犬派」だが、猫っぽい小柄な女の子。
この2人が出会った子で2人の日常は百合百合なものに変わっていく・・・
というところからストーリーが始まる。

はっきりいってしまうとこの作品「短編アニメ」にしておくには本当にもったいない。
前述した作画のレベルもそうだが、短編アニメなのにエンドカードまで毎話用意されており、
出るキャラ出るキャラのキャラクターデザインの完成度が高く、
似たような「キャラクターデザイン」が多いアニメの中で
奇抜な衣装や奇抜な髪型や色で特徴を出すのではなく、
キャラクターの内面がにじみ出ているキャラクターデザインは素晴らしい。

そしてストーリーも百合コメディにふさわしい百合百合なコメディだ(笑)
犬っぽい性格の女の子と猫っぽい性格の女の子、
わかりやすい性格付けのキャラクター同士の過激描写一歩手前の百合描写は
百合ではあるがあくまでも「ギャグ」として描かれており、
原作が4コマというのがわかりやすいテンポでサクサクとストーリーが描写される

1話5分ほどだが、その中でも2,3話盛り込んでいる短編アニメらしいストーリー構成は
「もっとじっくり見たい」とも思うのだが、短編アニメの利点でもある「見やすさ」も
しっかり出ている。
本当にあっという間に全話見終わってしまい、
見終わった後にもっと・・・モット見たい!!!と思わず心の底から思うほど
見やすいゆえに物足りない感じも物凄く強く出てしまっているのはある意味欠点だ。

更にセクシー描写。
前述した作画のレベルの高さの中で「セクシーシーン」も頻繁に描写される。
更にそこにメインヒロインの2人を演じている「上坂すみれ」と「東山奈央」などの
声優さんたちのしっかりした演技が非常に素晴らしく、一言で言えば物凄いエロい(笑)
ただ、あくまでセクシー要素もギャグ落ちで終わるため
「百合日常コメディ」の枠をギリギリでない範囲でのセクシーシーンを
あくまでコメディの枠の中に収めているのは好感が持てる要素だ。

短編アニメなのに印象が強く残るキャラクターたちも好印象だ。
キャラクターの名前に「犬」「猫」「猿」などの
何かしらの動物の名前が入っており、その動物の印象通りの性格をしている(笑)
だからこそ何の説明もなくキャラクターの第一印象が見る側に一瞬で伝わり、
その後のキャラクター描写で更にキャラクターの魅力を感じることが出来る。
いわゆる記号的キャラクターとはまた違うキャラクターのテンプレートとも言えるが
動物っぽい女の子だらけの作品という縛りが、短編アニメにはふさわしかった。

百合要素に関してもメインヒロイン同士が付き合うという話ではなく、
その一歩手前で収まっている感じだ。
付き合ってもいないのに嫉妬したり、付き合っても居ないのに痴話喧嘩したり、
付き合っていないからこその絶妙な距離感同士の百合カップルの描写のバランスが素晴らしく、
付き合っていないからこそ「百合要素」が強くなりすぎず、
付き合っていないからこそ「セクシー要素」が強くなりすぎず、
思わずニヤニヤニヤニヤしてしまうシーンばかりになっている(笑)

全体的に見てボケとツッコミの役割分担もしっかりしており、
キャラクターの立ち位置をしっかりして、分かりやすいキャラクター設定で
テンポよくネタを描写し、見やすく笑えるストーリーを毎話展開している
更に短編アニメなのに一切の妥協、手抜きを感じない
「作画」のレベルの高さでキャラクターの可愛さと魅力を描写し、
「短編アニメ」の枠に抑えこんでしまうのがもったいないと感じるほど
百合日常コメディとして高い完成度に仕上げた作品になっている。

正直、なんでこの作品が5分アニメになってしまったのか・・・
確かに4コママンガが原作の作品だと短編アニメで作りやすいのは分かるが、
この作品はもっと「膨らませる」事の出来る作品だ。
製作陣のそういった気持ちも感じさせるほど1話1話に短編アニメとは思えないほど
気合を感じさせる出来栄えだ。

百合という苦手な人も居る要素を時には過激に描写しながらも
あくまで「コメディ」の中に抑えることで苦手な人でも受け入れやすくなっており、
話が進めば進むほどキャラクターたちの魅力、キャラクターの可愛さを感じることができ、
話が進んでも百合な関係性が進展しそうでしないギリギリのもどかしさとラブコメ要素が素晴らしい。
表現として正しいかわからないうえに2つの作品を見ていない人には伝わりにくいが
「ゆるゆり」以上「桜Trick」未満の百合要素が含まれる作品だ。

5分アニメだからこそグダグダにならずに面白さだけを感じることが出来たかもしれない。
だが、私はぜひこの作品をあえて1話「30分」でみたい。
魅力的なキャラクターたちの百合百合なコメディをもっと、モット見たい。
そう強く感じさせる要素がこの作品には多く含まれていた。

個人的にちょっと嫉妬深い「猫山」さんの可愛さと、「鳥飼」さんの不思議な可愛さに
すっかりやられてしまった・・・。
爆笑できるほどの強いコメディ要素や過激すぎるという百合要素のある作品ではない。
だが、ちょうどいいコメディ要素とちょうどいい百合要素のバランスが素晴らしく、
百合要素が強くなればコメディ要素が強くなり、コメディ要素が強くなれば百合要素が強くなる
この絶妙なバランスにキャラクターの魅力が合わさり、素晴らしい完成度になっていた。

欠点を述べるとすれば百合要素が嫌いな人はコメディではあるものの
「ガチ」な百合ではあり、一歩手前な描写が多いためその点は好みが分かれるだろう
だが、その点を除けば欠点らしい欠点が殆ど見つからず
キャラクターが「動物モチーフ」という割り切り方が短編アニメという尺の中で生きている作品だ。

本当に2期を強く期待したい
同じ短編枠でも構わない、希望としては1クールの30分アニメだが、
短編で2クールくらいガッツリ見たい作品だ。原作も先ほどAmazonに注文し、
DVDもすでに予約しましたので、もしこの記事を偉い方が見ていましたら
ぜひ2期を・・・よろしくお願いします(笑)
最後の最後まで★4つにするか5つにするか悩んだが、2期へ期待を込めて★5つにしました。

超個人的にだがEDの「ワンワン猫が好き~、にゃんにゃん犬が好き~」が
物凄い頭に残ってしまった・・・しばらく頭のなかで永遠にリピートしそうだ。