ソルティレイ

2010年2月16日

ソルティレイ感想



ソルティレイ感想

ソルティレイ
★★★☆☆

12年前、ブラストフォールと呼ばれる原因不明の大災厄が発生した。
これにより、多くの人々が一瞬にして亡くなった。
その災厄以来行方不明になった娘を探し続ける賞金稼ぎの男ロイは、
ある日、突然空から落ちてきた機械の少女と出会う。
災厄以降、心を閉ざしていたロイだったが、不本意ながらも少女と同居することになり、
それを機にロイは少しずつ心を開いていく。
現代版鉄腕アトム
最初持った感想は、全身サイボーグの少女と哀愁ただようオッさんの物語。
しかし、話が進むにつれてその考えは一辺。
序盤は、ハンターとしての仕事に関するストーリー。
特に特出することはなく、物語は淡々と進んで行く。
この辺から、後半大丈夫かな~と心配になってきます。
そして予想通り、後半の展開が結構きついものがありました。
なんか、キツイ。(苦笑)鬱展開過ぎて折れそうになりました。
ただ、キャラの魅力とテンポの良さが何とか最終話まで引っ張ってくれます。
そして、最終話。
やってくれました・・・・
あのセリフや、あの展開はなかなか上手いものがありました。
あのシーンが無ければ評価はガタ落だったと思います。
しかしながら、全体のストーリー構成がなんとならないかな。
2クールって決められて作ってるからかもしれませんが、
序盤のゆったりとした感じを乗り切らないと、結構きついです。
最初から最後までストーリーを魅せるパワーが少し不足しているような気がします。
人によっては10話くらいで見るのやめちゃうかもしれない。
1クールでもっと圧縮して作っていれば、評価が違ったかもしれません。
ただ、あの最終話やキャラクター達にはとっても魅力があるので
時間がある人にはオススメのアニメです。