AIKa

2010年3月12日

AIKa感想


AIKa感想

AIKa
★★☆☆☆
西暦2036年。
20年前に起きた地球規模の大災害により、陸地の一部が水没してしまった近未来。
海の底に沈んでしまった災害前の遺産を、国家や企業に変わり引き上げる
「サルベイジャー」と呼ばれる職業が活躍していた。
皇藍華(すめらぎ あいか)は超一流のサルベイジャー。
世界を破壊し、勝手な理想郷を創造しようとするハーゲン博士や
デルモゲニィ軍団の野望を打ち砕かんとすべく、
パートナーのりおんと共に戦いを挑む…。
パンツアニメ
いやぁ・・・なんというか、かなりの意欲作です。(苦笑)
最近のアニメでも、パンチラはデフォルトになってきており、
それ以上の過激な行為にエスカレートしてるアニメも多くなってきました。
しかし、このAIKA。
OVAなので自由がきくのはわかりますが、やりすぎです。
なにせ1話30分のうち、恐らく25分はパンツが見えてます。(苦笑)
チラ見せとかではなく、モロ見えてます。
ある意味、清々しいくらい白い下着が全開です。
ただ立っているだけなのに見えてしまってるシーンや、
明らかにカメラアングルが盗撮に近いシーンなど、
下着好きな人ならヨダレモノなのかもしれません。(苦笑)
肝心のストーリーですが、微妙です。
あらすじにもある「サルベイジャー」という職業はちょこっと関係してるだけで、
ハーゲン博士とデルモゲニィ軍団の野望を砕くために
戦うというのが主な話になっています。
この野望事態は、ハーゲン博士のハーレム計画にしかすぎず、
全々掘り下げられていません。
デルモゲニィ軍団もただしつこいだけの女性集団ですし・・・w
主人公である藍華の金属生命体みたいな武器を用いた戦闘シーンは
なかなか面白いものがあったのに、金属生命体事態の説明があまりなく
結局最後まで微妙な感じを残していました。
ただパンツは見えているものの、戦闘シーンはなかなか迫力がありました。
「サルベイジャー」という仕事内容の話がほとんどないので、
せっかく面白うな職業で面白そうなな話が出来そうなだけに残念です。
別にこの職業じゃなくても、いいじゃん。という感じで
とりあえずつけた職業設定のようです。
もっとキャラ設定深く!もっとストーリーにひねりを!
もっと大胆なエロシーンを!っと、少し足りない部分が多く、
色々ともったいなさを感じさせました。
全8話という短さが致命的でしたね・・・。
短さの割に設定や内容を詰め込みすぎて、わけわからなくなり、
パンツと激しい戦闘というイメージしか残りませんでした。
このAIKA。人気はあったらしく、現在3部作でています。
(他2部作は『AIKa R-16:VIRGIN MISSION』、『AIKa ZERO』)
ある意味、興味が出たので近い内にレビューします。
もしかしたら、トータルとしてみたら傑作になるのかな・・?
ただ、管理人が一番気になったのは
「なぜ、みんな白い下着なのか」
というところです。(笑)
常時下着は見えてるんですが、出て来る女性全員が白下着・・・。
パンツにこだわったアニメなんだから、もういっそ
色々なデザインや色の下着で戦う姿を描いてもよかったのでは???w
そしたら、もっと楽しめたのに。(笑)