陰からマモル!

2010年3月11日

陰からマモル!感想


陰からマモル!感想

陰からマモル!
★☆☆☆☆
どこから見てもさえない高校生の陰守マモル。
その実、隣に住む紺若家をひそかに守る忍者一家の跡取り息子。
幼なじみの紺若ゆうなをひそかに守ってる。
でも、最近は天然トラブルメーカー・ゆうなに加え、自称ゆうなの大親友・愛里や
美女剣士・椿、マモルを兄と慕う・山芽、
はたまた美少女転校生・ホタルまで現れて・・・
忍者で隠したハーレムアニメ
お隣を密かに守る忍者というのは、なかなか面白い設定だった。
ただ、全てがどこにでもあるようなキャラとストーリーで構成されており
オリジナリティが忍者くらいなんだけど、忍者事態も
そこまでこの作品の中で活躍してるようには見えない。
守るべき対象であるヒロインは、作ってる側としては
「おっとり天然キャラ」という位置づけなんだろうけど、
これは天然を超えてかなり痛いです・・・。
言動の1つ1つが、頭のネジが10本ぐらい外れてるんじゃなのかってくらい
理解不明、それを声優さんが後押しした喋り方をしてるので、
たぶん嫌悪感を抱く人は大勢いると思います。
話しが進むにつれ、女性キャラクターが増えるんですが
まぁ、よくもここまでオリジナリティの無いキャラを作れるなと言う感じです。
確かにストーリーやキャラは安定している出来なんですが、
特徴が全く無い。
個性が無いアニメといえばわかりやすいかもしれない。