AIKa ZERO

2010年3月18日

AIKa ZERO感想


AIKa ZERO感想

AIKa ZERO
★★☆☆☆
“バンパイア”のテスト飛行中、謎の触手から攻撃を受けた藍華。
彼女はどうにか機体を立て直すが、敵の正体は不明であった。
そんな中、藍華はエリから呼び出され、久々に彼女やカレンとの再会を果たす。
だが、それは藍華に依頼をするためであった。
カレンの通っている聖エアロ学園に潜入し、
ここで起きている連続失踪事件を調べることとなった藍華。
そして、エリが怪しいと睨んだ時計塔は、触手が潜んでいた場所だった。

作画の向上と相変わらずなストーリー
AIKAもいよいよ3作目、続編がリリースされるかはしりませんが
一応シリーズ最新作のAIKa ZERO
19歳になった藍華は・・・作画の向上がすごいです。
前回のAIKaR-16でも、作画の向上を感じましたが
今回は更に向上!!!と言う感じ。
太ももやお尻など、体のムチムチ感やハリがリアルに描かれており
白い下着の微妙なしわなど、細部まできっちりと
書き込んであるのは非常に良かった。
前回はパンチラ度が下がりましたが、今回はやりすぎ・・・。
むしろ、全裸シーンも多数です。(苦笑)
作画の向上もあって、かなりエロいことになってます。
触手みたいなので、やばいところを攻撃されたりして
「あ・・・」とかいうシーンもあったり、
エロ度は上昇しすぎております。
ただ、相変わらずストーリーは微妙・・・。。
今回は最初の作品であるAIKAに繋がる箇所がいくつか見当たりましたが、
消化不良なのは相変わらず(苦笑)
このAIKaシリーズ、作品の雰囲気や作画、
萌え&エロはいい感じなので、シリーズを通して、
ちゃんとストーリーの構成と設定を見直して作り直したら、
かなりの話題作になることは間違いないはずです。
AIKaR-16くらいからはじめて、AIKa ZERO、Aikaくらいに
ストーリーが進むほど年齢が増えて行く展開にして
26話くらいで構成すれば、もしかしたら良策になるかもしれないのに。
OVAだけの展開なのが非常に残念です。
これだけシリーズ販売されてるんだから、人気あるはずですよね?
ぜひ、ガッツり作ってもらいたいかな・・・。
変な魅力のある作品なので最初はシリーズを通しての駄作と思ってましたが、
AIKAの成長を見ていると、何かに取り憑かれます。(苦笑)
今からもし見る方は、シリーズを通して全て見ていただきたいかな。
AIKAZEROを見終わる頃には同じ感想をいだいてるかもしれません。