セキレイ

2010年4月14日

セキレイ感想


セキレイ感想

セキレイ
★★☆☆☆
2020年、新東帝都に聳え立つ超巨大企業M・B・Iのビル頂上で
1人の男が高らかに「鶺鴒(せきれい)計画」の発動を宣言した。
放たれた108羽の「セキレイ」と呼ばれる戦士は、
葦牙(あしかび)と共に最後の生き残りを掛けて闘い合うのだという。
主人公・佐橋皆人は2浪決定の日、セキレイの1人・結と出会う。
この出会いが、平凡でさえない男・皆人の運命を大きく変えていく。

108羽は流石に多すぎると思う
2010年に2期制作が決定してるセキレイ。
最近のはやりである「胸が大きい女の子が戦う」アニメです。(苦笑)
本当に増えました。
戦闘が進む度に、服がどんどんと破けていき
話によっては見えるものが見えちゃってる状態になっていて、
ある意味、やりすぎです。
セキレイ達は最後の1羽になるまで戦うらしいのですが、
その戦う意味がいまいち分からない。
どうして最後の1羽になるまで戦わないといけないのか、
どうして葦牙はセキレイを羽化することが出来るのかなどなど
あらゆる面で説明不足、倒されたら主人である葦牙と一緒にいられないから
という理由もあるんですが、最初から戦う理由が不明なため
お前らちょっと落ち着けといいたい。
ただ、登場人物はしっかりと作られて降り
未亡人の大家さん、天然ボケ、ツンデレ、幼女etc…
と、それぞれ良い魅力を秘めています。
特に、幼女の草野たんはかなり可愛い。
鳴き声に近い声を出したり着ぐるみきたりと、萌え萌えです。(笑)
肝心のストーリーは、上記の説明不足もあり、
あまり感情移入出来る話も燃える話もなく
更に2期を予定してるためか伏線残しの投げっぱなしの最終話を迎えます。
女の子がやばい格好で戦うアニメをご所望の方にはおすすめしますが、
2期は本作が放映されてから2年もたっており
原作も完結していないらしいので、また投げっぱなしになる可能性もあります。
見ていない方は、2期が終わってから見るかどうか決めてもいいかもしれません。
あと、個人的な意見なのですが・・・
ヒロインである結はドラマCDでは川澄綾子さんだったのに、
アニメでは早見沙織さんになってますorz
いや、早見沙織さんは悪い声優さんではないのですが
ファンとしては・・・(苦笑)

スポンサーリンク