ギャラクシーエンジェる~ん

ギャラクシーエンジェる~ん感想


ギャラクシーエンジェる~ん感想
ギャラクシーエンジェる~ん
☆☆☆☆☆
大人気美少女アニメの新シリーズ。
ミルフィーユたちエンジェル隊に代わって、
ミルフィーユの妹・アプリコットたちルーンエンジェル隊が主役になっている。
ノイエ宙域のセルダールにある宇宙ステーション「ルーンα」。
ここに「ルーンエンジエル隊」はいる。彼女たちは銀河の平和を守るため、
宇宙を駆け巡るのだが…!?
笑えない。
有名なギャラクシーエンジェルシリーズの続編。
しかし、作品としては独立しており前作を見ていなくても、
視聴に支障がないのは好感が持てました。
ただ、好感を持てたのはこのポイントのみ、あとは全てが嫌悪すら感じる出来栄えの作品。
一番の諸悪の根源は脚本、SFチックな話の中にギャグやパロディをおりまぜていますが
全てが滑っている。
制作側の「面白い」というポイントと、視聴者側の「面白い」と思えるポイントが
ずれまくっており、脚本家の才能の無さをひしひしと感じます。
露骨なサービスシーンもかなり使われており、
1話の時点で下着話や指舐め的要素もあり、明らかにDVDの売上と場つなぎ的な
あからさまな演出でしか無く、そこにエロさや萌え、面白味が一切ない。
全話通して微妙でグダグダ、無理に笑わせようとしているのが伝わります。
なんというか、作品の中で焦りのようなものすら感じます。
そのせいか声優さんの演技も微妙、悪くはないんですが
キャラクターによっては口癖がいらだちを感じたりすることも多く
声優さん自体がこの作品に愛着を持てていなかったというのを感じます。
全体的に個性を感じない。
美少女SFドタバタアニメはそこまで作品数の多いジャンルではないが、
キャラクター設定やストーリー展開の全てがどこかのアニメから引っ張ってきた感じがし、
オリジナリティをだそうとするために無理をしたために崩壊してしまった。
そんな感じがします。
ギャラクシーエンジェルの続編。ということが無ければ
作品自体も違った面や、面白みが出てきたかもしれませんが
ギャラクシーエンジェルの続編ということに縛られすぎてしまったのかもしれません。
何処に面白味を見出せばいいのか、どこを評価すればいいのか非常に難しい作品でした。
純粋に面白くないといえる作品はある意味で評価に難しい(苦笑)