もしドラ


もしドラ感想

☆☆☆☆☆(2点)


もしドラ感想

制作/プロダクションI.G
監督/浜名孝行
声優/日笠陽子.花澤香菜,柿原徹也,陶山章央ほか
全10話


あらすじ

都立程久保高校二年の川島みなみは親友・宮田夕紀の入院を切っ掛けに
彼女に代わって野球部マネージャーになることを宣言する。
だが、みなみはマネージャーがなにをするのか見当もつかない。
書店でマネージャーの入門書として手にしたのが
経営学の大家ドラッカーの『マネジメント』だった。




スポンサーリンク

マネジメント?結局精神論だよ♪頑張ってw

月曜から金曜日まで1話ずつ放送し、
2週間連続で全10話一気に放映した本作品。
原作はミリオンセラーを記録した小説であり、今年映画化もされ
本作品はメディアミックスの一巻とも言うべき作品だろう
基本的なストーリーは女子高生が経営書である「マネジメント」を読んで
弱い野球部を甲子園に連れて行くというスポーツもの。
マネジメントは実際に販売されている有名な経営書だ
序盤、病弱な友人に変わって主人公は野球部のマネージャーになる。
マネージャーとして頑張るために本屋でマネージャーの本を探していたら
馬鹿な本屋の店員が「マネジメント」の本を主人公にすすめる。
ここでなぜ、マネジメントを主人公に買うように進めたのかは謎だ、
在庫処分でもしたかったのだろう、
タイトル似てるし馬鹿な女子高生を騙しちゃえ!との魂胆だったに違いない
そのマネジメントの本を参考に主人公は野球部を変えていこうとする。
だが肝心の主人公がこのマネジメントの本を使って
野球部を変えたと感じるシーンは少ない。
特に2話では監督とピッチャーが険悪なのを改善しようと
マネジメントの「翻訳」という点に着目する。
専門家の意見をわかり易い言葉で顧客に伝え、
顧客の言葉を専門家の専門用語に変換して伝えるというのが「翻訳」なのだが
本作品ではそれすら生かさない。
確かに主人公が「ピッチャーにちゃんと監督の気持ちを伝えてください」といってはいたが、
2話を見る限りでは勝手に監督がキャラ豹変し怒鳴り、
ピッチャーが泣いていた印象しか残らない。
この主人公は根本的に要らない子だ。
野球部にはもう一人の女子マネージャーがいるのだが、
この子のほうがよっぽどマネジメントの本を読んで野球部に貢献しており
主人公はただ存在しているだけのキャラクターに成り下がっている。
そして物語が進むと野球部に更にマネージャーが増える。
彼は万年補欠の野球部なのだがマネジメントも読んでおり、
的確なアドバイスを部員にだしてやれると実感したことをきっかけに
マネージャーへと転向する。
この点はスポーツものとしても人間ドラマはできていたのだが・・・
結果として主人公の存在感がなくなる。
彼ともう一人のマネージャーが入れば、十分マネジメントを生かした
野球部の成長を描けてしまっており、主人公の存在価値が一切見いだせない。
またマネジメントに関しても「ちょこ」「ちょこ」っとしか介入してこず
マネジメントの知識を活かして野球部を変えていくという
この作品で一番大事な部分が分かりづらい
主人公が「感情任せに言った言葉」が野球部に影響を与えてるようにしか見えない
更にはご都合主義前回の野球シーン。
作中のノーボールのーバンド戦法や、地区予選敗退していた野球部が
たかだかマネジメントを取り入れたくらいで
甲子園までいけてしまう描写など非常にご都合主義全開だ
経営学と野球という組み合わせはたしかに斬新だ。
だがストーリー展開がご都合主義全開で安っぽい人間ドラマを展開し、
迫力不足な野球の試合を見せられる。
更に7話にいたっては実際にやったら「妨害行為」とみなされてもおかしくない応援をする
ピンチになると、いきなり劇中歌をほぼ全校生徒な皆様で歌い出し、
盗塁しようとするランナーが歩くたびに大声で
「1~2~3~4~5~」とカウント応援し相手校のピッチャーを妨害する。
ああやって妨害する行為がマネジメントなんですか?と言いたくなってしまう
また声優に関しても話題性のみで評価に値しない。
日笠さんや花澤さんを起用して、声優ファンを惹きつけようとしているのが見え見えで
特に劇中でのアーティストとして「中島愛」を起用しているところが
もうあざとすぎて評価する気にもなれない。
作画の方もひどいところが多い。
キャラクターデザインは可愛さを見いだせず、男性キャラにいたっては
適当なキャラデザな奴も多く手抜き感が半端ない。
またテニスコートのような野球場が出てきたり、
明らかに超跳躍してしまっている部員たちなど
本当にアニメーション制作がプロダクションIGなのか疑ってしまう
そして8話を境にマネジメントを完璧に忘れる本作品。
データ上ではラストイニングで7割打つという選手に対し、
他の選手の期待値を足せば100&になるといきなり言い出しやがる。
結局は精神論でしかスポーツを語っていないアニメに成り下がってしまう。
ピンチの時にマネジメントが役に立たなくて何が
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」なのか?
この本には副題でこう書いてあるのか?
「~結局最後は精神論だ~」
そしてこの作品は話が進めば進むほど「くだらなさ&陳腐さ」をましていく。
9話では主人公の友人が不治の病で亡くなる。
そのことで主人公は逃げ出す。
ただの悲劇の演出だ、彼女を殺す必要性はなかった。
私なら不治の病で病状が悪化し意識不明にし、
試合に勝ったら目がさめるような展開でもよかったはずだ
こんな無駄な死の演出は脚本家と監督の質の疑ってしまう
原作からしてこうなのだろうか?
もし原作からこうだったのなら、私は原作者の程度が知れると言いたい
キャラクターを殺すのは簡単だ、だが死には正当な理由と
それに対するキャラクターの成長がなければ無駄死だ。
本作品はまさに「無駄死」
彼女の死をきっかけに主人公はマネージャーとしての意義を見失い逃げ出す。
マネージャーがいなくなり、主人公の友人が亡くなったことで野球部も動揺し
試合がピンチになる。
さぁ、ここで「マネジメント」をどう活かすのだろうと期待したら、
もう一人のマネージャーが「逃げちゃダメ」といい戻ってくる主人公、
ピンチな試合は主人公の「頑張って!」の一言で解決
・・・どこにマネジメントがあるのだろうか?
この作品の根幹はマネジメントだ、マネジメント無くしてこの作品は成り立たないはず、
なのに友人の死からの立ち直りも、試合がピンチなときの解決策も
精神論で片付けてしまう。
この作品を一言で表すなら「くだらない」これしかないだろう
マネジメントを説明するアニメとしても、野球アニメとしても、
人間ドラマとしても全てにおいて浅すぎる。
だが見せ方次第では化けそうな作品ではある。
マネジメントの要素や、キャラクターの使い方など、
もっといい監督と脚本家に恵まれ、もっと大胆な原作改変して
アニメオリジナルの要素を強めれば化けた作品だったかもしれない。
アイデアや素材はいいのだ、だが生かしきれていない。
本当にプロダクションIGのスタッフが作ったものなのだろうかと疑いたくなってしまう
プロダクションIGの本来の制作能力が本作品には生かされていない印象を覚えた
もう少し真面目に作られていれば・・・もしかしたら・・・
そんな期待感を感じさせると同時に、全10話魅せられた苦痛をかみしめてしまう。
しかしながら最後のキャプテンのセリフの気持ち悪さは物凄い
彼が甲子園に向けてのインタビューをされているときに
「あなたはどんな野球をしてもらいたいですか。
 僕たちはそれをマーケティングしたいのです。
 僕たちはみんながしてもらいたいと思うような野球をしたいからです。」
こんなことをインタビューでいうキャプテン・・・(苦笑)
最後の最後までどん引きさせてくれる本作品はある意味すごいと言えるだろう。
宗教じみた気持ち悪さまで感じさせてくれる作品はなかなか無い
実写映画の方はAKBな方が主人公をやられていますが、
アニメ版とは違った脚本になっているのか気になるといえば気になるが・・・w
もし見た方いたら教えてくださいな

スポンサーリンク